旅行・地域

2018年2月12日 (月)

雷電神社

群馬県邑楽郡板倉町の雷電神社。雷が多いからか、群馬県には雷電神社が多く点在しています。ここはその総本山。立派な神社でした。蝋梅が咲いていて、いい香りでした。

Img_1840

Img_1839

Img_1838

Img_1843

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雀神社を参拝する

雀神社 渡良瀬遊水地のすぐ脇にある。雀神社って面白い名前だな、と思っていたら、古河市のHPに名前の由縁が出ていました。「昔この辺りを「雀が原」といったことからその名がつけられたとも、「国鎮めの神」といったのが訛ってスズメになったともいわれている」

Img_1834

Img_1833

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野木神社を参拝

野木町煉瓦窯見学に続いて、近くの「野木神社」に立ち寄って参拝。1600年前の建立とのこと。鎮守の杜にフクロウが棲んでいる。静かな森で厳粛な気持ちになった。先ほど食べた「渡良瀬ダムカレー」にフクロウの飾りつけがあったのはそのためか。

Img_1830

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野木町煉瓦窯を見学

野木町煉瓦窯 明治21年(1888年)に開設された北関東最古の煉瓦工場、旧下野煉化製造会社煉瓦窯。渡良瀬遊水地沿いに残存している。国指定の重要文化財、いわゆる日本の近代化産業遺産群の一つだ。十六角形煉瓦造り、巨大な煙突がたつホフマン窯は、その形も美しい。思わず感心してしまう。

Img_1819

Img_1820
第十一号炉

Img_1821

続きを読む "野木町煉瓦窯を見学"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

GO! GO! Niagara

瑞穂町郷土資料館へ、『GO! GO! Niagara 大瀧詠一の世界 2018』を観てきました。
ポスターの展示、レコードの展示など、多くの資料が興味深かった。好きな曲の一つである『恋するカレン』が『雨のウエンズディ』のB面だった。というのは意外だったな。シングルレコードの展示を見ていて知った。でもどちらもいい曲だ。

Img_1739

Img_1740

Img_1741

Img_1742
ニホンオオカミの像。

瑞穂町では、江戸時代末期に石畑地区の畑に潜んでいたニホンオオカミを村人が捕えたという話が伝えられ、その時のオオカミの皮標本や頭蓋骨が、現在まで代々受け継がれています。ニホンオオカミ像は、この皮標本や頭蓋骨などを参考にして、作られたものです。

Img_1743

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

みなかみSLツアー

鉄道好き高専生の甥っ子が訪ねてきたので、「SL レトロ水上号」に乗せてあげた。我々は、クルマで水上駅へ。先回りして待つことに。
大雪で、上り方向(水上→高崎)は運休でした。回転台が雪で埋まっていました。

Img_1685

Img_1678

Img_1689

Imgp0155

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

ご来光&初詣

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
さて、5時に足利織姫神社に着きました。ここは絶好の初日の出スポットとして知られています。
御来光まで、あと一時間。寒いです。
追記: 6時54分 ご来光を拝めました。

Img_1633

Img_1634

8923ae89e18c4da4867fdd810860ab4f

その後、佐野厄除け大師と、小泉稲荷神社で初詣。

Img_1640
佐野厄除け大師 まだ8時。並ばずに参拝できた。雲ひとつない快晴の空。

Img_1643
小泉稲荷神社。まだ10時前。


続きを読む "ご来光&初詣"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

多摩武蔵野スリバチ学会のFWに参加する

昨日は、多摩武蔵野スリバチ学会のFWにカミさんと参加してきました。グンマー以外の会に参加するのは初めてだ。しかも前の勤務地であり、住んでいたこともある八王子がフィールドということで、参加を決めた。
よく知った地点を巡ったが、スリバチ高低差の視点で見ると面白い。これが谷戸か!とか、山田川の谷が深い事に改めて気づいたりとイロイロ発見がありました。
スリバチ学会の皆さんありがとうございました。

Img_1570
京王御陵線跡地に建つ京王の標識

Img_1573
山田川源流。 思ったより深い谷

Img_1576八王子ラーメン

続きを読む "多摩武蔵野スリバチ学会のFWに参加する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

高山社跡を見学

下久保ダムを見学した後の帰路、世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」の一部、藤岡市の 「高山社跡」に立ち寄った。明治6年(1873年)高山長五郎氏が優れた養蚕飼育法である「清温育法」を確立して「高山社」を設立し、自宅を養蚕の教育施設としたものである。当時日本全国からこの地に学びに来て、その技術を各地に持ち帰り、飼育方法を広めたのだろう。当時明治の近代化を支えた人々は偉かったな。

Imgp0104
蚕棚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイクで下久保ダムにいく

4日、バイクで、群馬県と埼玉県の県境を流れる神流川にある下久保ダムに行ってみました。

下久保ダム(しもくぼダム)は群馬県藤岡市と埼玉県児玉郡神川町にまたがる、一級河川・利根川水系神流川(かんながわ)に建設されたダムである。

独立行政法人水資源機構が管理する多目的ダムで、堤高129.0mの重力式コンクリートダム。首都圏の水がめである利根川水系8ダムの一つであり、規模としては矢木沢ダム(利根川)に次ぐ大規模なダムである。また、烏川流域のダム群の中では最も規模が大きい。ダム湖は河川名を採って「神流湖」(かんなこ)と命名され、2005年(平成17年)に当時の鬼石町の推薦によって財団法人ダム水源地環境整備センターが選定する「ダム湖百選」に選ばれている。Wikipedia「下久保ダム」より

このダムは、L字型の形状で特徴的だ。また、放水をしているところを見学することができた。
Img_1484

Img_1491

Img_1483

上州道の駅おにし」で「下久保ダムカレー」を提供している、というので行ってみたが、ライスが切れてしまい、やむなく「かどっこラーメン」なるダムカレーのラーメン版?をいただいた。豆腐でL字型のダムを表しているようだ。

Img_1496

ダムカードをゲット。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧