ゲーム

2009年3月 2日 (月)

「三国志」かな...。懐かしいテレビゲーム

ブログのネタ「懐かしい『テレビゲーム』について語ろう!」のお題に参加してみよう。それなりにテレビゲームをやったのは、ずいぶん遅くて、大学4年生になってからだ。配属された研究室に、NECのパソコンPC-9801があって、そのゲーム「三国志」にはまった。徹夜までして、何日もかけてクリアしたのを覚えている。単純なのだが、結構おもしろかった。開墾や農業、治水事業などをやって国力を高め、兵力を増強して、少しずつ領土を広げていくのだ。配下にした武将に書物を与えると頭が良くなったり、報償金をやると忠誠度が上がる。逆に何もしてやらないと、裏切って他の国に逃げてしまう。領民に対して年貢を厳しく取り立てたり略奪なんぞをすると一揆が起き、領主(自分)が殺されてゲームオーバー等、細かい設定もおもしろかった。戦闘モードは、単純な陣取りみたいなモノで、攻撃パターンも火を放つとか罠にかけるとか、今にして思えばちゃちなものなのだが、結構テンションが上がって、ハラハラドキドキしながらやったものだ。罠にかけて風上から火を放つと相手を火攻めで倒せる、などとやっていた。5インチのフロッピーディスクにシステムとデータが入っていて、ガチャンガチャンと読み込んでいたのだ。当時、研究室ではこのゲームが流行っていて、みんな徹夜しながらやっていたものだ、登場人物を詳しく知るために、わざわざ吉川英治の小説「三国志」を読破した先輩もいた。今にして思えば懐かしい。


でも、それくらいかな。今もそうだけれど、ゲームはそれほどやらなかったな。




コネタマ参加中: 懐かしい「テレビゲーム」について語ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

碁石と碁盤を買う

碁石と碁盤を買ってきた。おもちゃ量販店の閉店セールをたまたま覗いていて、思わず目について買ってしまった。囲碁は以前から興味はあったのだが、実は奥さんも私も全くわからない。これからずっと楽しめるゲームだし、始めてみようと思う。まずは近所のブックオフで手頃な入門書でも買ってこよう。

【追記】この記事で記事数がちょうど300になった。見に来てくれるかた、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

NINTENDO DS lite購入

遅ればせながら、「NINTENDO DS lite」を入手した。
ゲームは全くやらないのだが、これは欲しいと思った。でも、なかなか買えないのだ、インターネット通販のサイトでは、入手予定なしとなっているし、たまに都心に行ったときに、ヨドバシカメラの新宿店などを覗いてみるが、やはり完売状態なのだ。
今日、たまたま近所のおもちゃ量販店を覗いてみたところ、「DS Lite入荷しました」との文字が目に入った。
即決で購入。「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」も併せて買った。
夕食でワインを飲んだあとではあったが、ちょっとやってみたら「脳年齢73歳」だった。これはまずいだろう。単純な計算なのに難しく感じる。最近疲れているからなぁ。

追記: 2回目の脳年齢チェックでは57歳だった。 重症だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)