« 国会前へ | トップページ | 映画「タクシー運転手 約束は海を越えて」を観る »

2018年6月16日 (土)

妙安寺らいぶ

Img_2185 Img_2186

6月13日(水)妙安寺らいぶ
毎年のこの時期に行われるライブ、実は初めての参加。平日なのでこれまでなかなか行けなかったのだが、今年は第10回のアニバーサリー&ファイナル、ということなので、思い切って行ってみた。18時ちょい前に退社し、いったん帰宅。カミさんを車に乗せて妙安寺へ。開演5分前に到着した。
 トップバッターは、アコギのトリオ、Fretland 。アコギの限界に挑戦、みたいな感じで、感心してしまった。思わずため息が出てしまう。
メンバーの 有田純弘 氏は、バンジョー、アコースティックギターの第一人者として知られているが、実際に演奏を聴くのは初めて。1曲だけ有田氏のバンジョーがあったが、バンジョーはいいなぁ。有田さんよかった
 2組目は 織川ヒロタカ。はじめて知った。70年代ウエストコーストサウンドをアコースティックギターとボーカルで聴かせる。なかなかいいじゃない。DoobieBrothersのBlack Waterはよかったな。オリジナルも1曲披露してくれたが、個性的な声で聴かせてくれた。
 3組目は 松田 Ari 幸一、10ホールズマウスハープ(ハーモニカ)の第一人者だ。生演奏を聴くのは2回目かな。温かいハーモニカの音色は心に沁みる。名曲「ミケランジェロ」は圧巻でした。素晴らしい。の一言。脇を固めるギタリストは 古橋一晃 この人のギターは音が違う感じがする。カチッとしたリズムはしっかり、柔らかい音色なのだ。好きな演奏だ。
 エンディングは、全員で「Water is wide」、「グッドナイト・アイリーン」、客席の皆さんと合唱。
 3時間を超えるライブで十分満足。本当にファイナルなのかな。まだまだ続けて欲しいです。

|

« 国会前へ | トップページ | 映画「タクシー運転手 約束は海を越えて」を観る »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妙安寺らいぶ:

« 国会前へ | トップページ | 映画「タクシー運転手 約束は海を越えて」を観る »