« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月27日 (日)

つばめの近況

2012年、ツバメくんがわが家を訪れ、玄関灯に泊まっていった記録を残しておこう。
 今年は5/9に初めて玄関灯にきた。それから、5/10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24と2羽で玄関灯で過ごしていた。毎日来ていたので、大いに期待していたのだが...。
5/25, 26, 27, 28, 29 何故か一羽なのだ。 フラレてしまった?

彼らはうちでは巣作りをしないのだ。別のところに巣があるのか。それとも、巣作りをしないので、愛想をつかされたか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

金環日食見られました

天候に恵まれ、金環日食はよく見えました。
本当に指輪のように見えるのだな。
美しい、自然の神秘を感じた。

木漏れ日が細く、輪に見える。
Komorebis

うちわに穴を開けて、影を映してみました。
101_0073_2s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

金環日食 準備OK

101_0061s
日食グラスOK。天気もOK。sun

この日食グラスは、2009年の部分日食の時に買い求めたものだ。このときも売り切れ続出で品切れだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

グッピー 子グッピーを産む

今朝、出産間近だった雌グッピーのお腹が、スリムになっていた。もう出産してしまったのだろうか。グッピーは稚魚を産んでそのまま食べてしまうこともあるらしい。すでに遅かったか。それでも数匹は残っているかもしれないと、カミさんとふたりで、水槽の中を目を凝らして観察していた。
すると、水草の中から、子グッピーが1匹出てきたではないか。大騒ぎで網ですくい、水槽に沈めた産卵箱に隔離した。まだいるかもしれない、と、水草をつついてみた。いたいた。驚いて出てきた子グッピーを網で捕獲・隔離した。全部で7匹。親グッピーに食べられない程度の大きさに成長したら、戻してあげようと思う。
 
Dscn2800s

【追記】昨晩、ふと外掛けの濾過フィルタ槽を覗いてみると、1匹の子グッピーを発見した。ポンプで吸い上げられ、フィルタ槽で泳いでいたのだ。網ですくって、産卵箱に隔離してあげた。子グッピーは8匹になった。
【追記2】5/22 子グッピーの成長は驚くほど早い。のんびりしていたら食われてしまうからな。1週間くらいたてば、産卵箱から出してもよさそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

ウクレレ Famous FS-5

 ブックオフでCDを仕入れた時、何気なしに、中古楽器のコーナーを覗いてみた。ふと、段ボールのウクレレケースが目についた。Famous FS-5と書いてある。Famousといえば、日本のウクレレ製造販売では最も有名なブランドだ。それが数千円、オモチャ並みの価格で売られていた。中身を確認。弦はゆるゆるになっていたが、特におかしなところはない。キズもなく、明るい木目の美しい外形だ。安っぽい感じでもない。それにしてもこの価格は何だろう?気にしながらも取りあえず店を後にし、帰宅後インターネットで調べてみた。
Famous FS-5「ハワイアンコア材合板 12Fジョイント15フレット(ペグB) 初心者から中級者まで人気No.1のロングセラー商品。木目の美しさと豊かな音色と 音量が特長。¥30.975」これは、絶対買い!だ。
 翌日、朝イチで買って来た。

Dscn2794s

サウンドホール内のラベル。「2000」という文字がスタンプされている。「2000年製造」ということだ。
Dscn2792s

ヘッドのマーク。これは現行品とは違っていて、旧ロゴなのだ。
Dscn2795s
ニセモノだったらイヤだなと思い、メーカーに確認してみた。正真正銘、Famousのウクレレとのこと、安心した。また、インターネットで調べていたら、「FS-5 with Old "Famous" Logo」というオークションの記事を見つけた。もしかしたら同じ種類のものかもしれない。
 実は弦楽器は結構好きで、弾けもしないアコギやオートハープがうちにあるのだが...。縁あってウチに来たウクレレ、大切にしてあげたいと思う。弾けるようになりたいな....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

昭和村~赤城山 バイクTouring

今日は、「日本でいちばん美しい田園風景」という群馬県利根郡昭和村を走ってきた。
国道17号を北上し、渋川から沼田方面に向かった。
5132s
関越自動車道・昭和ICのすぐ近くにある、道の駅「あぐりーむ昭和」で、情報収集。ここは足湯を楽しむことができる。なんと隣接する会社工場の敷地内から湧出した温泉の水を引いているそうだ。
5131s

農村の風景は美しい。空が広く、気持ちいい。
101_0035s

子持山と、まっすぐ伸びた道。
101_0044s

ワイナリーに立ち寄った。ブドウ畑が丘に広がる。
奥利根ワイナリー
カミさんはワインを試飲させてもらい、白と赤、1本ずつを購入。
101_0047s
各地のワイナリーに立ち寄ることがよくある。
どこの主も「マイ・ワールド」ぶりを見せてくれて、おもしろい。

群馬県利根郡昭和村、時季的には少し早かったかな。道の駅でもらったパンフには、「やさい王国 昭和村」と書いてあった。農作物の緑が、丘を埋め尽くす季節に、また訪れたい。

帰路は、赤城山方面に向かう。
カミさんが森の中に、動く影を発見。Uターンして、影の正体を確かめてみる。
101_0050_2s
ニホンカモシカだ。
かなり近くまで寄ってみたが、平然と草を食んでいた。向うも気づいて、森の少し奥に入ったが、特に気にする様子もなく、草を食みはじめた。
赤城山方面へ向かう道は、北側を迂回するコースかと思っていたら、まともに山を上がっていった。あれあれ、といううちに赤城山大沼に着いてしまった。せっかくなので、赤城神社をお参り。ここは女性のご祈願に御利益があるとされている。
そうこうしながら下山。前橋市内に入り、小腹が空いてきたので、「焼きまんじゅう屋」に立ち寄る。
何度か訪れているこのお店は、持ち帰りだけでなく、お店で食べられる。注文したのはミックス。餡子入り2個、餡なし2個。しかもお茶がついて、210円とリーズナブル。ふんわり、香ばしく焼けている。
101_0056s
甘からいタレをよくからませて食べる。なかなか美味いと思う。おやつにちょうどいいし、十分満足。
101_0057s

今日の走行距離は、113kmでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日買って来たCD

久しぶりにBOOK OFFに行って、CDを仕入れて来た。
オルケスタ・デ・ラ・ルスの「グラシアス」

Oasisの「Definitely Maybe」

Patti Smithの「Easter」
これも名盤と言われるアルバムだ。

インパクトあるジャケット写真が印象的。

3枚で1,250円。
聞いた感想はまた後で

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

ツバメくん

101_0021
つばめくんが今年もわが家の玄関灯にやってきた。
数日前から、うちの周りに来てはいたのだが、夜を過ごすのは昨晩から、である。
なんと、最初から2羽でやって来た。はじめからペアリング成功か? 巣作りを初めてくれるとうれしい。

楽しみだ。

続きを読む "ツバメくん"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

気持ちよさそう

101_0015

ハンヌくん、窓辺で寝ていました。気持ち良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上毛かるた

Dscn2713s
群馬県に「上毛かるた」という「郷土かるた」がある。戦後すぐに、「子どもたちに夢と希望を与え、郷土愛と日本国民としての誇りをもってもらいたい("財団法人群馬文化協会・上毛かるた"より引用)」、という思いから誕生した。群馬の歴史、文化、自然を詠っていて、群馬県出身の方々は、みなそれを諳んじることができるという。
 群馬県に来て2年、群馬県を知るのに、このかるたは便利だ。「上毛かるたを巡る」というツーリングもテーマ的におもしろい。私のこのblogには、上毛かるたに詠まれている地域を訪れたときには、その絵札と読み札を載せている。

Dscn2759s
上毛かるたとともに、『「上毛かるた」ゆかりの地 文化めぐり』という群馬県発行の本を書店で買い求めた。なんと280円。 札に詠まれた地域、文化、歴史を詳細に解説している。そこらの旅行ガイドよりずっと充実した内容だ。

Gunmabunkakyoukaibn_2上毛かるたは「財団法人群馬文化協会」の登録商標であり、「上毛かるた」の著作権も協会に属しています。「上毛かるた」についての詳細は左のアイコンから、リンクを参照して下さい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

エビ抱卵

ヌカエビという淡水のエビを、グッピーの水槽で一緒に飼育している。
昨日の朝、2匹のエビのお腹に、卵がびっしりとついているのに気づいた。
袋に卵が入っていて、周りの足でその中に水を入れてかき混ぜているような動きを見せている。
Dscn2761s

101_0018_2

写真だとちょっと見にくいが、腹の部分に黒く見えているのが卵だ。

リュウキンが3月に死んでしまい、それらが使っていた60cm水槽に2匹のらんちゅうを移し、30cm水槽に、4月9日からグッピーを3ペア、4月21日からヌカエビを10匹、飼いはじめたのだ(現在エビは9匹)。実はグッピーは、エビを飼い始めた頃から、オスがみんな死んでしまい、メス2匹だけが残っているのだが、2匹ともお腹が大きくなり、今にも産仔しそうな雰囲気だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

桐生のグルメ・ソースカツ丼

その後、渡良瀬渓谷沿いに、みどり市大間々を経て、桐生市に下りてきた。桐生は繊維産業で栄えた町だ。桐生のグルメというと、ソースカツ丼。
「志多美屋」さん。創業80余年の老舗。17:00からの夜の部に合わせて訪れた。すでに3組が待っていて、しばらく待った。30分ほどして、席につけた。
カツ4個入り870円と、カツ6個入り1,070円を注文。
101_0009s
カツはカリッと揚っていて、ソース(タレ)に軽くくぐらせてある。パラッとしたご飯にタレが薄く染みていて、カツとマッチしている。しつこい感じがなく、案外サラッとしていて美味かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

flowers tour その2 桐生市新里のサクラソウ自生地

5日。午前中は家で除草などをしていて、午後になってしまった。赤城山方面に行ってみよう、ということで北に向かった。flowers tour その2は、桐生市新里のサクラソウ自生地、赤城山の南麓をバイクで走っていて、自生地を示す看板が目に入ったので、行ってみたのだ。

Sakurasou

行ってみると....、既に終わっていた。
101_0005s
花がちらほらと残っているだけ。何組かのお客さんも来ていたが、一様にがっくりしていた。解説の看板には5月中旬まで、と書いてあるのだが....。

今年のGWのflowers tourは失敗に終わってしまった。

その後、渡良瀬渓谷沿いに、みどり市大間々を経て、桐生市に下りてきた。ソースカツ丼を食して、帰路についた。

今日のツーリングルートだ。実は赤城山山麓のルートがかなり渋滞していて、ルート変更を余儀なくされた。テーマパークに入場しようという車の渋滞だった。こどもの日だし、しょうがないかな。こういうときにバイクは便利だ。
505touring

今日の走行距離93.3kmでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味噌造り 天地返し(2012年1回目)

味噌を仕込んで2、3ヶ月後に、瓶の味噌をかき混ぜる。これを「天地返し」という。麹が活性化し、熟成が促され、味が均一になる、という。2月25日に仕込んだ味噌の天地返しをしてみた。
Dscn2765s
麦麹は熟成が早い、と聞いたことがある。思ったより熟成が進んでいるように感じた。色もやや薄いが味噌の色になっている。舐めてみると、確かに味噌の味になってきている。少し出ていたカビをきれいに取り去ってから、よくかき混ぜて天地返しをする。
次に容器の壁を焼酎を染み込ませたキッチンペーパーで拭く。表面に軽く塩をふってラップを敷き、中フタと重しをする。瓶にフタをして天地返しは完了。
次回天地返しは、梅雨明け後、3回目はお彼岸の後。楽しみな作業だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

flowers tour その1 館林・つつじまつり

 GW初日の28日、カミさんは桐生市市民文化会館シルクホールで公演されたTHE ALFEEのコンサートを観てきた。当日券にしてはなかなかいい席だったとのことで、満足して帰ってきた。その日に行くことを決めて、当日券を買って楽しめるというのは、地方公演ならでは、なのだろう。そのツアータイトルが「flowers」だそうで、サイケ調のデザインのパンフを買って来た(リンクはポスター)

 それにちなんで、私たちの、今年のtouring titleは「flowers」にしてみた。GW後半からではあるが、花の名所をバイクで巡ってみたいと思う。
 今年のGWは土日休まず2日まで仕事、それも結構重い課題でぐったりしてしまった。3日は雨で大荒れの天気、いい休養になったかな。4日も朝方にはカミナリが鳴り響く大雨、ようやく晴れ間が見えて、行楽日和になった。

 flowers tour その1は、館林の「県立つつじが岡公園つつじまつり」。館林のつつじは県内外でも良く知られている。

「上毛かるた」にも、「は」の札で「花山公園 つつじの名所」と詠まれている。
Dscn2740s_2

入場料600円!を入口で支払って、入場。 あらっ? 花が少ない....。銘木とよばれる主なつつじは終わってしまっていた。遅咲きの木々がまだ咲いてはいたが、それでも少ない感じはいなめない。

101_0039s
とりあえず、写真を撮ってみた。何だか入場料600円が高く感じて残念。 お土産屋や食堂が軒を連ね、呼び込みをしている。昭和40年代ごろに繁盛した観光地がそのまま、平成24年を迎えてしまった、という雰囲気だった。

 ちなみに、「つつじ」は、漢字で「躑躅」と書く。ずいぶん難しい字なのだ。

今日のツーリングコース
0504touring_2
往路は日光例弊使街道を東に向い、伊勢崎~太田~大泉~邑楽町から館林に入り、つつじが岡公園に到着。つつじを鑑賞。その後、館林から北上し、佐野市~足利市~太田市内を通って、帰路についた。
途中太田で、「東毛ミルクランド」に立ち寄り、アイスクリームを食べた(GW期間中150円)。牛乳を使ったアイスクリームは、甘すぎず、さっぱりして美味しかったな。

その後、夕立みたいなにわか雨に降られてしまった。変な天候だった。

今日の総走行距離は103.2kmでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »