« 今年の桜3 | トップページ | 貫前神社 »

2012年4月15日 (日)

古い町の老舗和洋食店

小幡から富岡に向かう。13時をまわってお腹も空いてきた。富岡は明治の文明開化期に、最先端の製糸場を導入した町だから、当時モダンな、レトロな洋食屋などがあるかな、と思いながらバイクを走らせていた。すると、洋食のいいにおいが漂ってきた。バイクの旅はこういうこともあるのだ。
新洋亭」さん。大正14年創業の老舗。私たちの前に2組が店の前で待っていた。後から来た初老の夫婦に聞くと、富岡のインフォメーションで勧められたとのこと、よく知られたお店なのだろう。店内には、絵手紙や絵手紙風の絵画が飾られている。「富岡製糸場140歳、新洋亭は87歳。お店は3代目」だそうだ。

トンカツ定食(1,000円)を注文。
しばらく待って、分厚くて大きいトンカツの定食が運ばれてきた。
Dscn2705s
分厚い肉がジューシーでやわらか。美味しいトンカツでした。

|

« 今年の桜3 | トップページ | 貫前神社 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

食べてみた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186101/54481532

この記事へのトラックバック一覧です: 古い町の老舗和洋食店:

« 今年の桜3 | トップページ | 貫前神社 »