« ひなまつり | トップページ | 久しぶり »

2012年3月 4日 (日)

多胡碑を観に行く

Dscn2630s
上毛かるた」の「む」、「昔を語る多胡の古碑(むかしをかたる たごのこひ)」。

この札で詠まれている「多胡碑」の一般公開があって、観て来た。「多胡碑」とは、和銅4(西暦711)年3月9日、時の中央政府の命により、この地に「多胡郡」が設立されたことを伝える石碑である。石碑に隣接して、記念館があって、毎年3月9日前後の日曜日(今年は4日と11日)に、実物の石碑を一般公開している。

Dscn2628s

石碑は、高さ152cm、一部見にくいところがあるが、くっきりとした文字が刻まれている。古代史的な意義のみならず、この時代の文字、書が残っていることが貴重である。また書体そのものとしても優れているということだ。拓本が多く取られ、中国や朝鮮にも伝えられたという。記念館には書や文字に関する展示が多く紹介されてあった。約1300年前に、既にこの地に人々の暮らしがあったのか、と思うと感慨深いものがある。

|

« ひなまつり | トップページ | 久しぶり »

上毛かるた」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

行ってみた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186101/54142264

この記事へのトラックバック一覧です: 多胡碑を観に行く:

« ひなまつり | トップページ | 久しぶり »