« 久しぶり | トップページ | タイ・メンバーの帰国 »

2012年3月25日 (日)

春のバイクツーリング・太田焼そばを食す

彼岸が明けた週末、今日は春らしい暖かな日曜日になった。待ちに待った春が来たという感じだ。今日は、久しぶりにバイクを動かしてみた。12月4日に碓氷峠〜軽井沢にツーリングをして以来だから、約3ヶ月半ぶりだ。完全に放置してあったので、バッテリーが上がってエンジンがかからないのでは、と不安だったが、難なく起動できた。素晴らしい!
 今日は利根川に沿って、東方面にバイクを進めた。土手の菜の花畑や、利根川のキラキラとした水面の輝きに春を感じた。
写真は、伊勢崎市近辺の利根川。
Dscn2646s
伊勢崎市境町島村地区の「島村の渡し」。利根川を隔てて向こう岸に、同市同地区の飛び地があるため、渡し船が運航されている。今日は強風のため運休。
Dscn2645s

太田市に入った。太田と言えば、ご当地グルメ「太田焼きそば」を食べてみよう、ということになり、市内中心地に向かった。こういう時に、バイクの機動性は便利だ。街道沿いに「焼そば」の看板を掲げたお店を見つけ、入ってみた。
 「峯岸 大和屋」さん。明治創業の和菓子と創業50年の焼そばのお店。14時近くになっていたが、お店はほぼ満員。焼そばを食べるお客さんと、和菓子を買い求めるお客さんとでにぎわっていた。焼そばは、大(450円)を2つ注文した。
焼そばは、平たい太麺。うどんみたいだが、焼そばの麺だ。具はキャベツのみ、甘めの茶色いソースがからんだアツアツの大盛りが運ばれて来た。
Dscn2647s
写真では黄色っぽく写ってしまったが、実際はもっと茶色い。青のりがたっぷりと振りかけられていて、お好みで七味唐辛子が用意されてあった。量的にはちょっと多かったか。カミさんは3分の2くらい食べて、残りを私が完食した。お腹いっぱい。中年には「中」くらいがちょうどよいか。
和菓子を買い求めるお客さんは、どら焼きを10個単位で購入していく。「あんバターどら焼き」が、お店の看板メニューなのだ。帰りがけに、「あんバターどら焼き」2個と「どら焼き」、「抹茶あんバターどら焼き」をおみやげに買って帰った。

帰宅してから、「あんバターどら焼き」を食べてみた。ちょっと小ぶり。割ってみると、バターと餡子が半々くらいで挟んである。バターの塩味が餡の甘さにマッチして旨かったのだが...、カロリー高そう。
Doras


今日の走行距離は76km。シーズン最初のならし運転としては、ちょうどいい距離でした。

|

« 久しぶり | トップページ | タイ・メンバーの帰国 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

食べてみた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186101/54307128

この記事へのトラックバック一覧です: 春のバイクツーリング・太田焼そばを食す:

« 久しぶり | トップページ | タイ・メンバーの帰国 »