« 正月2日目 | トップページ | 厄除大師その2 最強?!「方位除災御守」 »

2012年1月 4日 (水)

厄除大師&佐野グルメ

「厄よけ」というのは知られているが、「方位よけ」というのもある。その意味する事があまりよくわからないのだが、今年は私もかみさんも「運気が弱い」方位らしい。厄よけといえば、関東三大師のひとつ、佐野厄除大師を参拝せねばなるまい。北関東自動車道も開通して、栃木の佐野までは1時間足らずだ。北関東に来たのも何かの縁だろう。行ってみることにした。12時半頃佐野市到着、まずは駐車場の確保から。少し離れた無料駐車場に20分ほど待って、駐車することができた。社の境内に入ると長蛇の列がつづら折れになって続いている。ここでも1時間弱待って、お参りすることができた。家内安全と健康を祈願して、「方位よけ」のお護り(500円)を買って、社を後にした。
社の参道は、出店が出ていて大変な賑わい。
Dscn2518s
ぶらぶらと眺めて歩いていると、佐野名物「いもフライ」という看板が目に入った。小腹も空いていたので、1本ずつ買って食べてみた。蒸したジャガイモを、一口サイズにして串刺しにし、油で揚げ、ソースをかけたものだ。1本100円、揚げたてで、ホクホクして美味い。おやつにちょうどいい感じだ。
Imoflys

佐野と言えば、佐野ラーメン。今年最初のラーメンは佐野、となった。
参道近くの細い路地を入ったところにある「中華そば ほりこし」に入ってみた。店の前には数組の客が入店を待って並んでいた。店頭には出前のおか持ちが置いてあって、地元密着のラーメン店なのだろう。昭和25年創業という掲示があった。
ラーメンとチャーシューメンがオススメとあったので、それらを注文。
ラーメン600円。なると、ネギ、メンマが乗る。
Ramen1s

チャーシューメン800円。チャーシュー7枚?こりゃすごいね。
Chashus
透明のあっさりめのスープに平打ちのやや縮れた太麺、ちゅるちゅるっと麺が口に吸い込まれていく感じ、おいしいラーメンでした。

|

« 正月2日目 | トップページ | 厄除大師その2 最強?!「方位除災御守」 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186101/53648778

この記事へのトラックバック一覧です: 厄除大師&佐野グルメ:

« 正月2日目 | トップページ | 厄除大師その2 最強?!「方位除災御守」 »