« 花のあとさき | トップページ | まだ飲んでます »

2011年11月 6日 (日)

鮭・リターンズ

そろそろ鮭遡上のニュースが聞かれる季節になった。
利根川は鮭が生息する南限といわれている。この時期、利根大堰の魚道を鮭が遡上する姿を見ることができるらしい。私たちは、昨年11月13日に、ここを訪れているのだが、あいにく鮭を見ることはできなかった。今年はどうだろうか。バイクに乗って行ってみた。

Imgp2764s
上から見た魚道。階段のようになっていて、上流へ少しずつ上がるようになっている。とはいえ、水量も多く、流れはかなり速い。この左壁面の水面下に観察室があって、3カ所の窓から魚道の断面を眺めることができるのだ。
Imgp2762s
鮭だ!本当に遡上しているのだ。かなり大きい。すごいものだ。実際に目にしてみると、テンションがあがってくる。子供連れが数組来ていたが、大人の方が盛り上がっていた。
Imgp2760s
立ちはだかる壁を前にし、一旦止まったような姿を見せた鮭。この後、鮭は壁の上の水流を飛び越えるように、上流へと上って行った。

観察室で約1時間くらい見ていて、6〜7尾の鮭を見ることができた。
ホームページによると、午前中の方が魚の活動が活発だそうだ。ちょうど昼過ぎくらいについたので、ちょっと遅かったかな。来週、11月12日は「サケ遡上・採卵観察会」のイベントがある。遡上数もそろそろピークに近いのだろう。


今日のツーリングコース。太田市で「太田の焼きそば」を食べようと思っていたのだが、なかなかそのようなお店が見つからず、そのまま帰ってきてしまった。
Toneoozeki1

利根大堰近くの航空写真。
Toneoozeki2

今日の走行距離は、102kmでした。

タイトルを「鮭・リターンズ」としたが、「どうリタ」みたいなイメージでつけてみました。遡上はリターンとは言いません。「(魚の)遡上」をWeb辞典で調べてみると、「ascent」とありました

|

« 花のあとさき | トップページ | まだ飲んでます »

バイク」カテゴリの記事

季節」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186101/53173185

この記事へのトラックバック一覧です: 鮭・リターンズ:

« 花のあとさき | トップページ | まだ飲んでます »