« アイスまんじゅう | トップページ | この夏最後、ロングツーリング(野沢温泉村)その1 »

2011年8月21日 (日)

一周忌法要

父が亡くなってもうすぐ1年になる。もう一年かと驚く。あっという間の一年だった。去年の夏も猛暑・酷暑で残暑が厳しかったことを覚えている。亡くなった日も、通夜、葬式も、連日残暑が厳しかった。今後、残暑の頃には、そろそろ父の命日だな、と父のことを思い、ご供養をするのだろうな、と当時思ったものだ。
今日は命日を前に、「一周忌法要」を執り行った。

 親戚に一周忌の案内で電話をした時、まず最初に、お暑いですね、という挨拶から始まった。当然、今日も暑いことを予想していたが、小雨がぱらつき、最近の猛暑・酷暑がうそのように涼しい、寒いくらいの1日だった。
 菩提寺の住職と何度か連絡を取り合い、新盆のお経も一緒にあげてもらうことになった。そして当日、12時から、一周忌の読経が副住職によって開始され、約30分。引き続いて、住職によって新盆の読経があった。その後、お墓参りをして、滞りなく法事を終えた。参列の皆さんに向け、挨拶をさせてもらったが、伯母さんから、私と妻に対し、葬儀から四十九日法要、一周忌法要に至る諸々のはたらきについて、お礼の言葉を頂いた。突然のことなので驚いたが、素直に嬉しく思った。その後は、予約しておいた川魚料理の老舗料理店で、精進落しをした。この辺りは、うなぎが美味いのだ。例によって「うなぎ」のお料理をいただいた。今回は、「うなぎの籠盛り御膳」。父も鰻が好きで、お彼岸の墓参りには、よく浦和の老舗うなぎ屋で「うな重」を食べたことを思い出す。親戚の近況や父との思い出話やらで、1時間半くらい楽しく会食をした。「籠盛り御膳」は量的にもちょうどよく、「うな重」は美味しかった。少しお酒も飲んで、久しぶりの再会を楽しんだ。父も楽しいお酒の席は大好きだったから、喜んでいることだろう。
ひとまずは、うまくいったのではないかな。一周忌でとりあえず一段落ということか。
 なんといっても、今日の天候には助かった。父の兄弟姉妹も高齢になり、暑い最中、一周忌のご供養に参列するのも大変だろうと、父が涼しくしてくれたのかもしれない。

|

« アイスまんじゅう | トップページ | この夏最後、ロングツーリング(野沢温泉村)その1 »

季節」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご苦労様でした。

涼しくて参列なさる方々のご負担が軽くて良かったように思います。

私は涼しいというよりは寒く感じてます。
すぐに暑さは戻ってくるようですね。

投稿: ・3・フーちゃん | 2011年8月21日 (日) 22時27分

・3・フーちゃん
ありがとうございます。
ホント涼しくて、それだけでも助かりました。
みなさん高齢だったり体も弱くなっていますので、暑いだけでも相当大変ですからね。
無事にすんで、一段落つきました。

投稿: りんでん | 2011年8月21日 (日) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186101/52533825

この記事へのトラックバック一覧です: 一周忌法要:

« アイスまんじゅう | トップページ | この夏最後、ロングツーリング(野沢温泉村)その1 »