« 前橋七夕 | トップページ | 梅酒をつくる »

2011年7月10日 (日)

赤城山ツーリング

梅雨が明けて、すごい入道雲がわきおこる夏空のもと、今日も午前中、走ってきました。目指すは「赤城山大沼」。前橋の避暑地だ。この暑さ、何とかしてほしい。1時間弱で標高1200〜1500m級の山の上だ。きっと涼しいに違いない。

出掛けるのが楽しい。バイクからだと、山の姿や緑の木々、農地の作物、空の色、雲の様子、などがよく見えて、目的地に行くまでが楽しいのだ。
山に向かう道を走る。ワインディングロードをこのバイクで走るのは初めてなので、慎重に走ったが、快適だった。アシスト1モードという、山坂道を効果的に走るための走行モードが装備されてあり、力不足を感じることなく、スムーズに上って行けた。このバイクいいじゃないか。道路に温度表示が出ていて、気温24℃と出ていた。森林から発せられる雰囲気とで、ひんやり、寒いくらいに感じた。下界は35℃近くになっているだろう。

Dscn2063s
赤城山大沼に到着。赤城神社をお参りする。
赤城山大沼近辺はランニングをしている人も多く見られた。夏には赤城山のマラソン大会などもあるので、そのトレーニングなのだろうか。高地だし、涼しいのでトレーニングにも最適だ。また、ロードレースタイプの自転車で登ってくる人たちも多く見られた。この9月には、「第1回まえばし赤城山ヒルクライム大会」という自転車レース大会も開催されるのだ。
 それらに対して、テントを張ってのんびり読書したり、昼寝をしている人たちを見かけたが、これはいいかも。

昼頃、麓まで降りてきた。麓の温泉施設「富士見温泉 見晴らしの湯 ふれあい館」に立ち寄る。割引券を使って500円のところ400円。ゆっくり浴びてきた。昼食もここでいただくことにした。ショウガ焼き定食(群馬県産豚ロース使用)が750円、安くてボリューム満点。群馬県は豚肉、野菜は豊富で値段も安いのだ。

Dscn2064s_2

「道の駅」が併設されていて、直売の野菜、今が旬のトウモロコシ、オクラを買って帰ることにした。

2時頃に帰ってきたが、息苦しいくらいの熱気。せっかく涼んできて、温泉まで入ってきたのに台無しだ。昼前に帰って来ないとダメだな。

今日は105km走った。バイク納入から2ヶ月の走行距離は640kmになった。

|

« 前橋七夕 | トップページ | 梅酒をつくる »

バイク」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186101/52170709

この記事へのトラックバック一覧です: 赤城山ツーリング:

« 前橋七夕 | トップページ | 梅酒をつくる »