« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月29日 (金)

未開の地

未開の地、群馬

「群馬は未開の地、良い言葉だ」知事、ネット番組で肯定

知事、ジョークと釈明 「未開の地」肯定発言 群馬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

バイクインカム

Incom

最近のツーリングでの便利Goodsが、これ。「有線式タンデムマイク」である。バイクインカムともいう。とりあえず安価な有線式を買ってみた。ステレオスピーカーとマイクロフォンをヘルメットに装着し、アンプを通して、後部座席のパッセンジャーと会話ができる。会話を楽しみながらバイクに乗れるというものだ。有線式なので、うちでは「もしもし糸電話」と呼んでいる。スクーターだとパッセンジャーとは比較的離れて乗るようになるので、パッセンジャーの様子がわからないのだが、会話ができると、様子もわかるし、楽しく走れる。今観た風景を、話をしながら共有できるのだ。あるのとないのとでは、ツーリングの楽しさが全く違うと感じた。

有線なので、配線が若干邪魔ではあるが、コストパフォーマンスも高く、オススメである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

タンデム・バイクツーリング(軽井沢から嬬恋、野反湖、中之条)

台風が去って、涼しい日々が少し続いていたが、また暑さが戻ってくるようだ。ちょうど今日は暑くなりはじめ、という感じだ。雨の心配もなさそうだし、まさにツーリング日和だ。
今日のツーリングは、軽井沢から嬬恋、野反湖、中之条と走ってきました。
0723route1

自宅を8時20分頃出発。 まずは、軽井沢へ向かう。高崎から安中市を進んで行くと、次第に山間の風景になっていく。山と山の緑が美しく、目に入ってくる。妙義山の見える風景は絶景である。碓氷横川駅の脇を通って「碓氷バイパス」のワインディングロードをどんどん登る。途中で数台の自動車に追い抜かれはしたが、まあ難なくクリアできた。峠道の気温21℃、涼しいどころか寒いくらい。
 そうこうしているうちに、1時間半くらいで、軽井沢に着いてしまった。軽井沢のおしゃれなオープンカフェでモーニングを食べよう、ということで、旧軽井沢の街並みを眺めながら走り、一軒の喫茶店に入った。

カフェの席から外を眺める。緑の雑木林がきれい。
Cafe
サンドイッチとコーヒーを注文。
Osharemorning

軽井沢の雑木林にたたずむ、ヤマハ・マジェスティ「通称・レオ号」
Cafede

軽井沢近辺はこんな感じに走りました。
0723route2

まだ10時台、旧軽井沢を後にし、北軽井沢を経て、嬬恋~長野原~六合村~野反湖へと進む。野反湖への道も涼しく、寒いくらい。

0723route3
12時30分頃、野反湖に到着。野反湖は高原の湖、ダム湖だが、高原の緑と空と、神秘的な水の色とで、美しかった。

Nozori1


ニッコウキスゲが群生していました。時期的には少し遅かったようです。

Kisuge1

比較的きれいな花を見つけました。
Kisuge2


Kisuge3

北のダム側から観た風景。
Noziri2


13時30分頃、野反湖を後にして、帰路につく。長野原~中之条~渋川と帰る。途中、群馬原町で「岩櫃城温泉」に立ち寄った。温泉で少しゆっくりし、遅めの昼食を採った。地元の舞茸を使った「舞茸ごはん+ざるそばセット」をいただいた。

前橋の自宅についたのは、17時40分頃、トータル243.5kmでした。
疲れたけれど、達成感を感じる、心地よい疲れでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

実家に帰る

昨日は、久しぶりに実家に帰った。GW以来だから2ヶ月以上ご無沙汰してしまった。ホント申し訳ない。6月20日から、土日休日の高速道路ETC割引1000円はなくなってしまった。これは経済的には痛い。これまでだったら、高速道路乗り継ぎで1時間半くらい。片道1200円だったのに。 去年、父の見舞いに頻繁に帰れたのも、ETC割引の恩恵なのだ。
それで、今日は一般道で帰ることにした。まあ2時間〜2.5時間に増えるだけだ。昼前に出て、3時頃には着けるだろう。
 一般道で行くと、群馬県から、埼玉県の本庄市〜深谷市〜熊谷市〜東松山〜鶴ヶ島〜日高〜狭山〜と通って行く。日本一暑いであろう地域を、炎天下の昼過ぎに通るのだ。さすがに暑さは厳しかった。エアコンを回しているのだが、一向に冷えなかった。

ちなみに、昨日の最高気温ランキング
1 埼玉県 鳩山  38.7 14:09
〃 群馬県 館林  38.7 15:31
3 埼玉県 熊谷* 38.2 15:25
4 埼玉県 寄居  38.0 14:11
〃 群馬県 伊勢崎 38.0 15:57
6 山梨県 甲府* 37.9 13:55
7 埼玉県 秩父* 37.8 15:05

通過時刻と最高気温の時刻とは違うけれど、暑いというのは容易く想像できるだろう。

実家で母と、近況について話をした。母は、民生委員などの仕事をアクティブに続けているが、熱中症の危険もある暑い中。無理しないでほしいものだ。 もう若くはないんだし。電話が通じなかったりすると、とても心配なのだ。それには念を押しておいた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祝 なでしこJAPAN

なでしこJAPAN。やりましたね。
素晴らしい試合をありがとう。粘り強さ、最後まで諦めない姿勢。アメリカの堂々たる圧倒的な攻撃を耐えて、耐えて、少ないチャンスをモノにした。延長戦後半12分で同点に追いつくなんて奇跡。なんという展開だろう。3時半から起きていて、Liveで観られてよかった! 選手のみなさんおめでとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまむら花火

Hanabis
土曜の夜、隣町の「たまむら花火大会」を観に行った。この花火は、田園地帯のど真ん中で打ち上げられる。周囲には背の高い建物は全くないので、遮るものがなく、どこからでもよく見えるのだ。1万発というから、結構な規模だ。
 花火は観ているとビールが飲みたくなるので、今日は歩いて出掛けた。最初は、ちょっと遠くでもいいので、ビールでも飲みながらのんびり見物しよう、と思っていたのだが、近くで観てみようということになり、てくてくと、なんと約1時間(6.5km)歩いて、メイン会場近くまで来てしまった。近くのコンビニエンスストアは大盛況で、ビールやおつまみがじゃんじゃん売れていた。僕たちもビールなどのアルコール、ソフトドリンク、ソーセージ、唐揚げなどのつまみを買って、花火を眺めた。花火は20時頃スタートし、約一時間。やはり近くで見ると迫力が違うし、きれいだ。

Hanabi2s


Hanabi3s

花火には満足だったのだが、帰りも約1時間かけて歩いて帰ってきた。 さすがに疲れてダウンしてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

梅酒をつくる

昨日は梅酒を作った。
毎年作っていて、実は今飲んでいるのは2年前につけ込んだ梅酒だ。とろとろのリキュールになっている。ソーダで割ると最高に美味い。
群馬県に引っ越してきてから、群馬県産の「白加賀」という品種の梅を使っている。梅酒に最適といわれている梅だ。群馬県高崎市は実は梅の全国的な産地なのだ。ちなみに1位は紀州の南紅梅で有名な和歌山県、2位が群馬県。東日本では第一位だそうだ。
 今年も約3.5kgの梅を漬けた。8リットル入りの瓶に、梅(3.5kg)と氷砂糖(2kg)を交互に入れ、ホワイトリカーを注ぐ(約3.6リットル)。適当に選んだわりに、きちんと収まった。
半年後には飲めるだろう。楽しみだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤城山ツーリング

梅雨が明けて、すごい入道雲がわきおこる夏空のもと、今日も午前中、走ってきました。目指すは「赤城山大沼」。前橋の避暑地だ。この暑さ、何とかしてほしい。1時間弱で標高1200〜1500m級の山の上だ。きっと涼しいに違いない。

出掛けるのが楽しい。バイクからだと、山の姿や緑の木々、農地の作物、空の色、雲の様子、などがよく見えて、目的地に行くまでが楽しいのだ。
山に向かう道を走る。ワインディングロードをこのバイクで走るのは初めてなので、慎重に走ったが、快適だった。アシスト1モードという、山坂道を効果的に走るための走行モードが装備されてあり、力不足を感じることなく、スムーズに上って行けた。このバイクいいじゃないか。道路に温度表示が出ていて、気温24℃と出ていた。森林から発せられる雰囲気とで、ひんやり、寒いくらいに感じた。下界は35℃近くになっているだろう。

Dscn2063s
赤城山大沼に到着。赤城神社をお参りする。
赤城山大沼近辺はランニングをしている人も多く見られた。夏には赤城山のマラソン大会などもあるので、そのトレーニングなのだろうか。高地だし、涼しいのでトレーニングにも最適だ。また、ロードレースタイプの自転車で登ってくる人たちも多く見られた。この9月には、「第1回まえばし赤城山ヒルクライム大会」という自転車レース大会も開催されるのだ。
 それらに対して、テントを張ってのんびり読書したり、昼寝をしている人たちを見かけたが、これはいいかも。

昼頃、麓まで降りてきた。麓の温泉施設「富士見温泉 見晴らしの湯 ふれあい館」に立ち寄る。割引券を使って500円のところ400円。ゆっくり浴びてきた。昼食もここでいただくことにした。ショウガ焼き定食(群馬県産豚ロース使用)が750円、安くてボリューム満点。群馬県は豚肉、野菜は豊富で値段も安いのだ。

Dscn2064s_2

「道の駅」が併設されていて、直売の野菜、今が旬のトウモロコシ、オクラを買って帰ることにした。

2時頃に帰ってきたが、息苦しいくらいの熱気。せっかく涼んできて、温泉まで入ってきたのに台無しだ。昼前に帰って来ないとダメだな。

今日は105km走った。バイク納入から2ヶ月の走行距離は640kmになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

前橋七夕

昨日は、1時間ほど残業して退社後、カミさんと前橋の七夕まつりに行ってみた。
Dscn2055s

Dscn2057s_2

金曜の夜とあって、前橋にしてはにぎわいを見せていた。前橋市の商店街・アーケードは普段は閑散としていて、群馬県の県庁所在地の市なのに、これ? という感じなのだが、今日はそれなりに人手もあったのかな。手作り感たっぷりの七夕飾りは素朴な感じがして、なかなかいいのだが。。。
9時過ぎに、アーケードの出店などは終了。
腹ごしらえと一杯行こうということで、入ったお店「ゆめみ亭 信」。 料理は、なかなか美味しく、リーズナブル。「ジャンボコロッケ」を注文。時間が少々かかります。との忠告があって、しばらく待つと。。
Dscn2062s_2
でかい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サボテン青王丸

Sekiioumarus

今年はサボテンがよく咲いて、うれしい。
このサボテンは、2007年の6月に買ったもの(青王丸 (学名:Notocactus viridiflorus))だが、花が咲くのは2回目だ。黄色い花のサボテンはわが家では珍しい。小さくてかわいらしい花だ。

7月4日朝のつぼみ
Sekioumaru2s

7月4日朝にはつぼみが出ていて、そろそろ咲くのかな、と期待していたところ、昼には咲いていたそうだ。写真を撮ろうと思っていたら、2時頃にはまた閉じてしまったらしい。

7月5日朝は、また、つぼみの状態

Sekioumaru3s

それで、5日午後、再度花が咲いたところを写真におさめた。
咲いたり閉じたり、面白いサボテンだ。2日くらい楽しめた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

水上温泉へ小ツーリング

今日は、3週ぶりにバイクで小ツーリングに出掛けた。天気予報では午後3時くらいから雨とのことなので、早めにスタートして2時くらいに戻れるように計画した。
今日の行き先は、「沼田〜水上温泉」。8時過ぎに自宅を出発。国道17号を北上する。利根川に沿って走る国道は、JR上越線とも平行して走っている。ふと、ところどころに、三脚にカメラをセットして線路に一眼レフカメラを向ける人たちの群れに気づいた。 そういえば、「群馬ディスティネーションキャンペーンに合わせ、蒸気機関車を3台走らす」という昨日のニュースを思い出した。「重連」の蒸気機関車は、JR上越線の「高崎〜水上」間を走るのだ。彼らはいわゆる「撮り鉄」の人たちだった。バイクを停め、彼らに、もうすぐ機関車が通るのか?と問うと、あと2時間後だと答えてきた。朝から、2時間以上も前から場所取りなのか、と驚いた。さすがにそれにはつきあえないので、そのままバイクを進めた。気温26℃くらいで、涼しい。走っている間は実に快適だった。

11時すぎに水上駅に到着。「撮り鉄」の方々もずいぶん増えていた。SLは12時07分に「水上駅」に到着するのだ。ぼくらは、まず足湯に向かい、温泉を楽しんでから、適当なビューポイントで、SLを見ることにした。
足湯からちょっと歩いて踏切を渡り、トンネルから出てくる蒸気機関車をとらえられるポイントを見つけて、そこで待つことにした。
15分くらい待って。遠くで汽笛の音が聞こえてきた。いよいよだ。ワクワクしてくる。 普通のコンパクトデジカメで写真を撮ってみた。

Dscn2028s

来た!

Dscn2029s

どんどん近づいてくる! すごい迫力。

Dscn2030s

あ〜。失敗。

「スポーツ」というモードで連写したのだが、このモードの操作に慣れていないので、中途半端な撮れ方だった。最後の写真は電柱がまともにかかってしまって、写真としては残念なものになってしまった。それにしても蒸気機関車、迫力があった。重量感と力強さを感じた。結構、煙もすごいのだな。

SLを観て、帰路についた。 雨が降る前に帰らなくてはならない。
昼食も途中でとって、3時頃帰宅した。3時頃の下界・前橋は暑くて死にそうだった。熱気の中を走っても、ちっとも涼しくないし、道路は混んでいて、道路からの熱気でそのまま倒れそうだった。
結局雨も降らずじまいだった。

今日の小ツーリングで、133km走った。だんだん距離を延ばしているのだが、まだまだ行けそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイクジャケットのこと

先々週、メッシュジャケットというツーリング用のバイクウエアを買った。

肩と肘、背中にプロテクターを標準装備し、メッシュの通気性によって、安全かつなるべく涼しくバイクに乗ろう、というものだ。インナーには半袖のポロシャツを着た。鎧みたいなものだから、ちょっとゴワゴワしていて、走り出すまでが大変。暑くて大汗をかいてしまう。走りだすと、風が抜けて、涼しく気持ちいいのだが...。カミさんもレディスのメッシュジャケットを買ってみた。胸と背中、肩と肘にウレタンのプロテクター(パッド)を装備している。

バイク用品店に行ってみて思ったのは、この時期、いかに涼しく安全に走るかというのが最大のテーマなのだ。メッシュジャケットにしてもそうだ。ジャケットの下に着るインナーウエアーも、気を遣わなくてはならない。メッシュは汗を発散し、肌触りをサラッと涼しげに、というものが各種出ていた。メッシュジャケットは風は通すが肌触りがちょっとべたつくのだ。アームカバーというものも必要かな。

【追記】 楽天市場の「スポーツキッド」というスポーツショップで「MCN SPORTSアームカバー」を買った。メッシュジャケットの下に、Tシャツとともに着用するのだ。メッシュジャケットは、汗をかくと、べたつきや、ひっかかり感があって、ちょっと気持ち悪い。アームカバーは、肌触りがさらっとしていて涼しい感触がある。汗を吸収発散するので、風が抜ける時にいっそう涼しく感じる。逆にトンネル内など気温が急に下がる場面でも、冷気を緩和してくれてちょうどいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

半夏生にサボテン開花ラッシュ

今日、7月2日は、七十二候のひとつ、「半夏生」だそうだ。かつては夏至から数えて11日目としていたが、現在では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日となっている。 テレビの天気予報で、半夏生を紹介していて、この日までに田植えを終える日だと言っていた。
そういえば、私の住んでいるこの辺りでは、麦が刈り取られた跡地が掘り起こされ、今週は水が張られ、田んぼになった。見事に田植えも数日のうちに完了していた。自然や天候を相手にする農業は、こういう暦日のとおりに営まれる。よくできているものだ。

こういう蒸し暑い夜にサボテンは咲くのだが、
今晩は、なんと4つのサボテンから7つも花が同時に咲いたのだ。

7flowerss

Imgp2681s

Imgp2693s

Imgp2682s

こんなことは初めて。まさに開花ラッシュだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »