« 緑のカーテン計画2011 | トップページ | つばめくん »

2011年6月12日 (日)

旧富岡製糸場に行く

今日は、2週ぶりにバイクに乗ってみた。今日もカミさんを後ろに乗せてタンデムツーリングだ。
西に向かってバイクを走らせていると、道路標識に「富岡」の文字が見えた。
そうだ、「旧富岡製糸場」に行ってみよう。世界遺産に登録しようとしている、歴史的産業遺産である。
9時半に現地に到着。ちょうど説明員の解説が聞けるツアーに同行できた。

Tomioka1

見学者を最初に迎えるのは、レンガ造りの、「東繭倉庫」。明治5年に完成した。中門のアーチには、「明治五年」と彫られた要石(keystone)がはまっている。製糸場のまさしく要なのだろう。レンガはフランス積みという積み方だそうだ。フランスの技術を取り入れた製糸場なのだ。木骨の柱、レンガも地元生産。濃い色と薄い色のレンガがうまく組合わさって味があるのだが。初めて作ったレンガなので、炉の温度がまちまちで、色がばらついたらしい。レンガの面も、向かいにある「検査人館」と比べると、でこぼこしている。「検査人館」は明治6年に建設されていて、この頃になるとレンガの生産技術も上がっているのだ。

Tomioka2

「繰糸工場」 140.4mのライン。日光がよく入って、明るい。 柱もないので装置の搬入搬出も容易だったろう。工場として使用する建物自体が、当時のまま残っているというのはすごいことだ。

Tomioka3

富岡製糸場。一度行ってみたいと思っていたが、思った以上の「産業遺産」だ。
よくこんなものを創ったな、と思う。
明治初期の日本人の気概を感じるのだ。

約1時間半、じっくり見学させてもらった。

バイク生活は、一日を早いスタートで始めたくなる。
今日も実は午後から仕事に行ったので、朝のツーリングも昼過ぎには家に戻ってきた。いい運動になるし、なかなか充実している。
バイクもだいぶ慣れてきたようで、快調だった。

今日は、68.3km走った。購入してからこれまでの走行距離はトータル379km。

|

« 緑のカーテン計画2011 | トップページ | つばめくん »

バイク」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186101/51927925

この記事へのトラックバック一覧です: 旧富岡製糸場に行く:

« 緑のカーテン計画2011 | トップページ | つばめくん »