« Super Full Moon | トップページ | ベルギー産発泡酒 »

2011年3月21日 (月)

初彼岸の墓参り

昨日は、墓参りに行ってきた。昨年8月に父が亡くなって、初彼岸なのだ。
お墓のある菩提寺まで、100数十kmほどあって、普段は迷いなくクルマで出掛ける。でも今回は、ご存知のとおりガソリンの騒動があって、給油もままならない。公共交通機関を使えといっても、乗り継ぎ乗り継ぎだし、運休や間引き運転で、そう簡単には行けないだろう。とはいえ、行かないわけにはいかないし...。
現在のガソリン残量ならば、往復は可能だし、来週カミさんが使う分もカバーできそう、と判断し、クルマで出掛けた。
ガソリンを途中で入れることも考えて、往路は一般道を使ったのだが、途中で給油するなんて全く不可能なことがすぐに分かった。朝7時過ぎに自宅を出発したのだが、早朝にもかかわらず、給油しようというクルマが、開店前から長蛇の列になっていた。延々数百メートルからキロに及ぶところもあった。10時にはほとんどの店が、品切れ閉店になっていたような感じだった。
10時過ぎに菩提寺に到着。「ガソリンが大変な中、ご苦労様です」と住職が声をかけてくれた。「先祖代々供養」の新しい卒塔婆を受け取った。
お墓に行って、まずは掃除、古い卒塔婆を片付け、線香を上げ、ビールをお供えした。今日は、伯母さん達は、計画停電などの影響で来られないので、合わせて拝んでおいた。

 11時前にはお参りを終えて帰路についた。 ガソリンの節約のため、東北自動車道路下り線から、岩舟JCTを経て、北関東自動車道で帰ってきた。北関東自動車道は昨日、全線開通したばかり。実にスムーズで、渋滞もなく1時間ちょっとで近所まで帰ってきた。
地震の影響で、宇都宮~福島飯坂が通行止めになっていて、さすがに交通量は少なかったが、援助・復興に向かう消防車両とか燃料を積んだタンクローリー車が、多く通過していった。頑張ってきてくれ~、と思った。
だが、サービスエリアのガソリンスタンドにも給油渋滞が起きていて驚いた。消防車が列に並んでいた。一刻も早く、緊急車両に給油してくれよ!

ガソリン騒動、冷静になって欲しい。もうやめてくれと言いたい。

|

« Super Full Moon | トップページ | ベルギー産発泡酒 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186101/51178100

この記事へのトラックバック一覧です: 初彼岸の墓参り:

« Super Full Moon | トップページ | ベルギー産発泡酒 »