« 元気をだそう | トップページ | 計画停電 »

2011年3月15日 (火)

計画停電に遭う

今日の夜、クルマで帰宅中、「計画停電」に遭ってしまった。
計画的な停電なのだろうが、住民にはなかなか周知されていないだろうし、対象となる区域も寸前に決まるようだ。感覚としては遭ってしまった(おもいがけず、偶然にであう、悪い出来事が身に起る)、という感じだ。

片側2車線(中央分離帯あり)の県道を走行中、あるところから真っ暗になってしまい、信号機もついていない状況になった。交通量はいつもと同じくらいだろうし、スピードも全然変わっていない。60km/hくらいは平気で出ている。右折しようとしている車が右折レーンに入って待っているが、いつになったら右折できるのだろうか。自転車に乗った小学生、この道を渡ろうとしているのか? ちょっとそれはムリだろうし、危ない。
2車線の道路が互いに交差する大きな交差点には信号がついていることがわかって、私はそこで、無事右折することができた。
これは事故起きるよ。

19時少し前に帰宅。真っ暗。 カミさんは暗くて何もできないので、ジタバタしないで毛布にくるまって寝ていた。さすがだ。
20分くらいして、電気がついた。

停電時の情報収集のため、古いラジカセを準備したのだが、電池が切れていて使えない(しかも電池はどこにも売っていない...)。


「計画停電」これでいいのか?

【追記】計画停電における最初の死亡事故はやっぱり群馬県でおきてしまいました。
速度を落として、なんてアナウンスしているけど、群馬県のクルマはお構いなしなのだ(私は今は群馬に住んでいるけど、もとは違うからね)。
右折で横切ろうとしたクルマに、遠くからクラクション浴びせる光景を見たけど、少し速度落とせよ、と言いたいね。

|

« 元気をだそう | トップページ | 計画停電 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186101/52348069

この記事へのトラックバック一覧です: 計画停電に遭う:

« 元気をだそう | トップページ | 計画停電 »