« 仙台に行く (その2 仙台市内) | トップページ | 仙台(その4 その行程) »

2011年3月 6日 (日)

仙台に行く(その3 グルメ編)

2日目(3月5日(土曜日))。市内を散策。
名物「牛タン」を昼食にいただく。国分町の「旨味 太助」
昼時でほぼ満員。カウンターに座った。
すぐ目の前で、炭火の網焼きで牛タンを焼いていく様子はダイナミックだ。
Gyutan_2

写真の牛タンは二人分。麦ご飯、テールスープが付いて、1,230円。
肉厚の牛タン。香ばしく、肉汁がジューシー、塩味ベースのシンプルな味付けで柔らかい。名物といわれるだけのことはある。付け合わせのキャベツの漬け物(塩揉み?)もあっさりして、これまた美味しい。テールスープも、塩こしょうのシンプルな味付けとやわらかいスープがいいのだ。骨についた肉を思わずしゃぶってしまう。麦ご飯、テールスープ、牛タンの組み合わせって絶妙のトライアングルなのだな。

店を出て、一番町アーケードに向かってちょっと歩くと、
かき料理専門店「かき徳」。
店頭で牡蠣の炭火網焼きを販売。
1個100円。身がぷりぷり。ほくほくしていて美味かった。熱々でハフハフ、うま~、とうなってしまった。
昨年夏の猛暑で、身が小振りだとのこと。

Oyster

殻のまま焼いているので、中は蒸し焼き状態になって、身がふっくら。
久しぶりに、「美味い牡蠣を食った」と思った。
写真撮っておくんだった、と少し後悔。

|

« 仙台に行く (その2 仙台市内) | トップページ | 仙台(その4 その行程) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186101/51177672

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台に行く(その3 グルメ編):

« 仙台に行く (その2 仙台市内) | トップページ | 仙台(その4 その行程) »