« 氷柱を見に行く | トップページ | 節分 »

2011年1月22日 (土)

岩宿遺跡

その後、渡良瀬川に沿った街道を通って、みどり市へ。岩宿遺跡に行ってみた。岩宿遺跡は旧石器時代の遺跡で、この発見によって日本における旧石器時代の存在が証明されたという。実は、その発見者である相沢忠洋氏の「岩宿」の発見 幻の旧石器を求めて (講談社文庫 あ 16-1)の文庫本がなぜか実家にあって、小学生くらいの時に読んでいたのだ。群馬県に来てから、一度は行ってみたいと思っていた。

発掘地は遺跡として保存され、隣接の岩宿博物館には、その時代、「岩宿時代」の周辺資料が展示されている。当時日本にはヒトは住んでおらず、後の時代になって渡ってきた、というのが当時の学説だったのだろう。その当時の学説を覆す発見を、在野の研究者である相沢忠洋氏が成し遂げた、という点で重要だ。

|

« 氷柱を見に行く | トップページ | 節分 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186101/50668363

この記事へのトラックバック一覧です: 岩宿遺跡:

« 氷柱を見に行く | トップページ | 節分 »