« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月24日 (日)

榛名山・榛名湖から伊香保温泉

今日は榛名山・榛名湖から伊香保温泉をドライブしてきた。
紅葉はまだだったのだが、もう寒いんだな。ワカサギ釣りが始まっていた。

Haruna


写真は、榛名湖と榛名富士、ピラミタブルな山は美しかった。午後3時にもなると人もいなくなって、寒さも加わって淋しい感じだった。

伊香保温泉は夕方に到着。伊香保温泉の石段街をぶらぶらと歩いて、上まであがり、少し離れた公衆露天風呂に入ってきた。伊香保の湯は、鉄分が多いのか鉄錆のようなにおいがする。少しぬるめで柔らかい感じだ。寒かったので、ゆっくり浸かって温まってきた。温泉水も飲んできた。鉄さびっぽい味がする。効能に肥満に効く、とあった。
帰りがけに、石段街の最上にある「勝月堂」で「湯乃花饅頭」を買った。行きに通りがかったときに、店頭に置いてあるまんじゅうがあまりに美味そうだったので、寄ってみたのだ。

Manju


ショーケースが店頭に出ていて、まんじゅうの由縁が展示されていたのだが、
「考案店の湯乃花饅頭」と書いてあった。ちょっと見えているのは、献上した時の写真だったかな?いわゆる温泉まんじゅうなのだが、ここが発祥なのか? 6個入りの箱詰めとその場で1個づつ食べてきた(1個80円)。甘過ぎない、ほんのり塩気のある餡が美味しかった。

Manju2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

十念

菩提寺の宗派は、浄土宗だ。今回の「四十九日法要」では、最初に住職から、浄土宗で唱えるお念仏を載せた小冊子「浄土宗のおつとめ」が配られた。今日は16ページまでのお経を上げる、とのこと。浄土宗には、「南無阿弥陀仏(ナムアミダブツ)」を10回唱える「十念」というお念仏がある。8回目までは「南無阿弥陀仏(ナムアミダブ)」と、"最後のツを唱えない"のだそうだ。9回目に「南無阿弥陀仏(ナムアミダブツ)」と、"最後のツを唱え"、10回目は「南無阿弥陀仏(ナムアミダブ)」と"最後のツを唱えない”のだ。ふ〜ん、という感じではあるが、初めて知った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お疲れ様&ありがとう

亡き父の四十九日法要と納骨は、滞りなく済ませることができた。8月30日に父が亡くなって、通夜・葬儀告別式から忌明けの四十九日法要まで、いろいろなことがあって、自分の家族や弟、親戚と相談させてもらいながら、執り行うことが出来たと思う。弟とは今まで素っ気ないつきあいが続いていたように思うが、この機に、いろいろ話もしたし、一緒に進めて来られた。家族や親戚の協力なしではとても出来なかっただろう。ありがたいことだ。ベストではなくてもベターな選択で、満足できる結果で進めることが出来たと思う。
「ありがとうございました」&「お疲れ様でした」&「これからもよろしくお願いします」と言いたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Olympus PEN

Pen

オリンパスのPEN である。これは初代機の方なのではないかな。
昭和の名機だ。現在オリンパスからは同じ名前をつけた、一眼コンパクトデジカメの「Olympus Pen」が出ているが、元々は小型のハーフサイズフィルムカメラだ。初代機は1959年(昭和34年)に発売された。父はいつ頃このカメラを買ったのだろう。1962年に結婚してから、長い間ずっとこのカメラで私たちの成長や家族の営みを記録に残してくれたのだ。昔の几帳面にファイリングされた家族のアルバムは、初期の写真はこのカメラで撮影されたのだろう。
Pen_ee3
若干新しいオリンパスペンEE-3
どちらかのカメラは、数年前、父に頼まれて、オリンパスのサービスにメンテナンスに出したのだった。光の漏れなどがあったのを、直してもらったはず。まだきっと、ちゃんと写せるはずだ。これらのカメラをもらってきてしまった。明るい屋外だったらスナップカメラとして、まだまだ使えると思う。平成の空気を、昭和っぽく写してくれるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

形見分け

17日に亡き父の「四十九日法要」を行った。埼玉県越谷市にある菩提寺へは朝9時半頃には到着しなければならないので、前日は実家(埼玉西部)に帰っていた。夕食の時に父が使っていたビールグラスでビールを飲んだ。このグラスは、最近の父のお気に入りで、近年はそればかり使っていた、銅製のビールタンブラーだ。使ってみると、泡立ちもよく、ビールの冷たさが伝わってきて良い感じだ。母に「これ、くれないか?」というと、持って帰っていいという。さっそくもらって帰ってきた。かみさんに聞くと、数年前の父の日のプレゼントとして、かみさんが父に贈ったものだということだ。私はすっかり忘れていたのだが...。まわりまわって、私のところに来たのだった。大事に使っていこう。

Cu

帰宅後、お疲れさんで「Suntory Premium Malts」を飲んだ。香りが高く美味しいビールだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

稲刈り

Inekari1012
田の稲が今週になって刈り取られはじめた。収穫だ。通勤路脇の田んぼでも稲刈りが始まったので、カミさんに写真を撮ってきてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

オクトーバーフェストか~。

来週、父の「四十九日法要」を行う。横浜の叔父に、参列のお願い等、確認の電話をしたら、今、横浜・赤レンガ広場で、オクトーバーフェストをやっている。と話してくれた。あれから1年しか経っていないんだね、と言っていた。そうですね、一年ですね。と言ってしみじみとしてしまった。
そうそう1年前、昨年の10月17日に、横浜赤レンガ広場のオクトーバーフェストに行ったのだった。ホント良い天気で、絶好の行楽日和のもと、美味しくビールを飲んだ。横浜の叔父さんを呼び出して、一緒に飲んだのだった。父の様子が最近どうもおかしいのだ、と言って、父と仲の良かった叔父に、会いに行って欲しいとお願いした。実は父が認知症になっているのではないか、と疑い始めたからだ。叔父は快く引き受けてくれ、次の週には会いに来てくれて、 様子を確認してもらえたのだが...。その時会ってもらったのが、それなりにまともだった最後だったのかな、と思う。それからすぐに、専門医に診てもらって 認知症の始まりと診断され、投薬を開始したのだ。投薬は、少しでも進行を遅らそうというためだった。しかしその後、1ヶ月もしないうちに、別の病で入院があったりで、認知症も急速に進んでしまったし、状況は悪化する一方だったから....。あれから1年も経たないうちに亡くなってしまったんだな。
それにいろいろあったな。と思ってしまった。

引っ越ししてしまったこともあって、そうそう簡単に横浜に行くことも難しくなってしまった。オクトーバーフェストか~。行きたいな~。
とぼやきながら、近所のスーパーに買い物に行くと、「世界ビール紀行」というビールを見つけた。「世界最大のビール祭り(オクトーバーフェスト)でのまれる、深い味わいと飲みやすさが特長のビール」とあった。これで我慢しておくか~。

Sekaibeer

ドイツ・ミュンヘンのオクトーバーフェストに行ってしまう、というのもありだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

10.10.10.10:10:10

20101010101010
2010年10月10日10時10分10秒の瞬間。10並びですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

あじゃり餅

Ajari1

京都のおみやげに、「阿闍梨餅(あじゃりもち)」という和菓子をいただいた。僕は初めて食べたのだが、これが美味かった。調べてみると京都の定番のおみやげ、とのことだ。餅の生地にたっぷりの粒あんを包んで焼いた半生菓子、と紹介されていたが、え?コレ焼いてあるの?と思った。生地の食感が何ともいえない。もっちり、しっとりした餅なのだ。それに甘すぎない、上品な甘さの粒あんが良かった。久々に美味い和菓子を食べた、という感じだ。

Ajari2

直径6cm、厚さ2cmくらい。

Ajari3

半分に割ってみました。粒あんがぎっしり。
ほぼ二口で、ぺろっと食べてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

京都からの帰路

Chishakuin

晴明神社につづいて、智積院に立ち寄った。
智積院は真言宗智山派の総本山。東京八王子・高尾山薬王院の大本山でもある。(ちなみに、カミさんはここのお経を唱えることができる。)お参りをして、智積院会館の茶寮「桔梗」で「蕎麦・こんにゃく懐石」を食べた。蕎麦は、まあいいとして、寿司のネタがこんにゃくというのは、微妙な味だった。

Konnyaku

帰りもロングドライブになるので、ここで京都を後にした。京都東ICから名神自動車道に入った。行きのコースをそのまま戻るのだ。実は昨晩は午前3時までみんなとおしゃべりをしていたので、眠くてしょうがなかった。スタートしてすぐの草津SAで1時間くらい仮眠をした。
帰りは渋滞もなく、非常にスムーズ。17時頃、長野県の駒ヶ岳SAで休憩をとって、カミさんに運転を代わってもらった。その後は、群馬県の横川SAで休憩、「峠の釜飯」を買った。家に帰ってから夕食にいただいた。
最寄りのICで高速道路から降りた。何とETC割引で1,050円。まさにETC割引様々だ。そこらに出かけるより安いぞ。
21時ごろ帰宅。大変疲れた。でも楽しかったし、案外いけるな、と思った。今度はどこまで行こう、という感じだ。
(楽しんではいますが、京都行きの目的は実は大変なものでした)

下の図は、「清明神社~智積院~帰路の高速へ」のGPSログを、プロットしてみました。

Kyoto2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

人気のパワースポット

Star
10月3日(日曜日)、京都を離れる前に、人気のパワースポットに寄ってみた。「安倍晴明神社」。 陰陽師で脚光を浴びました。この日も参拝客が多く来ていて、3時間先のご祈祷を受け付けていました。皆、陰陽道の霊力にすがりたいというのか...。
Izumi
「晴明井」、晴明公が念力により湧出させた井戸だそうです。水の湧きでるところが、その年の恵方を向いており、吉祥の水が得られるそうです。私も少し口に含んでみました。

桔梗の花が咲く頃には、桔梗をモチーフにした御守りなどが特別に授与されるそうです。今日も授与されていて、カミさんのお母さんに「桔梗の土鈴」を買いました。
Yakuyokemomo
「厄除け桃」。桃は魔除けの果物だ。最近、良くないことが起きているので、よく拝んでおいた。悪霊退散だ。
Shinboku
楠のご神木。両手で触って、撫でてみた。額をつけてみると、樹のエネルギーを感じる。

Omamori

魔除けの御守を買って、おみくじを引いてみた。黒地に桃の柄がかわいらしい。黒い御守りって、他ではあまり見ないと思う。
16daikichijpg_3
上は、私が引いた「16番の大吉」。
「色も香もおなじ昔にさくらめど 年ふる人ぞあらたまりける」

下はカミさんが引いた「19番の末吉」。
「菊の花たおりてはみじ初霜の おきながらこそ色まさりけれ」

19suekichijpg

年末にかけて、いいことを期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

祝90,000km達成

週末の京都へのロングドライブの途中で、愛車ゴルフワゴンは90,000kmを達成した。
90000km_2
10月2日午前11時すぎ、小牧JCTを経由し、岐阜県入りする少し手前で達成となった。
80,000km達成が今年2月11日だったので、233日で1万キロということだ。今年は自動車通勤になったし、何度となく実家との間を往復したし...、1日あたり42.9キロって、ずいぶん酷使しているな。
今回のロングドライブは、リッターあたり14kmと燃費も良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルマで京都に行く

Forkyoto
この週末、クルマで京都まで行ってきた。 京都は母の出身地。叔父の家を訪問するのだ。
土曜の朝5:40頃家を出発。関越自動車道〜藤岡JCT〜上信越自動車道〜更埴JCT〜長野自動車道〜岡谷JCT〜中央自動車道(西宮線)〜小牧JCT〜東名自動車道〜小牧〜名神自動車道〜京都南IC。片道520kmを約半分ずつ、カミさんと運転を代わりながら走った。途中、何度か休憩を入れ、朝食として準備してきたお弁当を食べたりしながら、13時前には京都に到着してしまった。それも高速料金は何と1,200円だ。高速道路って偉大だ。まさにETC割引さまさま、という感じだ。

Kyoto3

叔父の家には、14時頃到着。お茶を飲んで少し話をした後、クルマで嵐山の方まで行ってみようということになった。実は叔父の家からは、それほど遠くないのだ。時間的にもう遅くて、16時近くになっていたのだが、叔父の案内でクルマを進め、まずは天龍寺に到着。庭園に向かって歩いていくと、法堂の扉が開いていて、ちょっと中を覗いて見た。有名な「天井雲龍図」が見られた。斜めからだが、それでも迫力を感じた。美しく広い庭園を回ってみた。それから、嵯峨野の竹林を通り、野宮神社、常寂光寺、祇王寺、落柿舎、清凉寺と巡った。といっても閉館された後で、素通りだった。でも、思いもよらない観光ができてうれしかったな。下の図は、クルマで廻ったコース。GPSロガーのログを地図にプロットしてみました。

Kyoto1_2

 18時すぎに叔父の家に戻ると、皆が集まっていた。私の弟も19時半頃到着して、「すき焼き」の夕食会が開かれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »