« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

ツバメくん近況

Swallow0530
ツバメくんは、先週5月21日に戻ってきてから、毎日夕方には帰ってくるようになった。今日も19時頃に玄関灯に戻ってきた。ただし、一羽だけだし、この場所で巣作りをしているわけではないのだ。婚活がうまくいっていないのか。
ツバメがうちに来るようになってから、ちょうど1ヶ月たったが、巣作りはしていないし、時々いなくなってしまうし、どういうことなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

エビ食べた?

3匹の琉金はずいぶん大きくなった。2匹は特に大きく、パンパンに膨らんでいる。食べる量も多いし、フンも多く、水槽の水もすぐ濁ってしまうのだ。
 水槽の掃除屋としてヌマエビを飼うといい、と紹介されていたので、ミナミヌマエビを買ってきて、昨日、水槽に放した。小さいエビばかり6匹くらいいたと思う。シェルターの陰や、水槽の隅にいるのを確認して、就寝したのだが...。
今朝見てみると、エビの姿が見えないではないか! お前たち全部食ったのか?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

ツバメくんその後(5/23)

D9e5

しばらく姿を見せなかったツバメくんだが、5月21日の夕方、再び戻ってきた。22日、23日と、夕方になって玄関灯に止まっているのを確認した。しかし、まだ一羽だけだし、ここで巣作りをしているわけではないのだ。しばらく様子を見守ろう。

【追記】5月24日、今日は1日中雨が降って寒い一日だったが、夜には玄関灯に戻ってきていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法事を取り仕切る

昨日は、79歳で亡くなった祖父の三十三回忌だった。法事などは今まで長男である父が中心となって行ってきたのだが、大病してしまった父には不可能な仕事だった。今回は父の名代として私が行った。何しろ、初めてのことだ。どうやって進めたらいいのかもわからないし、母も父に任せっきりだったので、全く把握していなかったのだ。まず、お寺さんに相談してみようということで、電話をしてみた。父の状況を説明し、今回、自分が代わりを務めることを伝えた。どうやってやるのか全くわかっていないので教えて欲しいと、正直に話した。まず日程を決めさせてもらい、スケジュールを仮押さえした。必要なモノは、ご本尊様用にお花と、お墓に飾るためのお花、お供物だという。それからお経代、卒塔婆代(4000円×本数)とのことだ。お供物って何?から始まった。「故人が好きだったもの、例えばお酒、とかお菓子などをお供えして下さい」とのことだ。伯母、母に聞いて、お酒にした。あんこのお菓子を食べていた記憶があるので、おまんじゅうがいいかなと思ったのだが。日本酒2本とパイ菓子を持って行った。お経代も、いくら包むのかを住職に直接聞いたのだった。
精進落としの会食場もインターネットで調べて決めた。「法事等の会食に」という紹介のあるお寿司・和食のお店を予約した。参列者は高齢になっているので、マイクロバスでお寺まで迎えにきてもらい、帰りは駅まで送ってくれる、というお店を選んだ。
 そして当日。我々は少し早めに到着したので、お墓の草むしりと掃除をしておいた。そうこうしているうちに、皆が歩いて来るのが見えた。予め、食事代を含めいくらかかります、と連絡しておいたので、ご挨拶の後、その会費をいただいた。予定の時刻になって法事が始まった。住職はお葬式が入ったということで、若い僧侶(副住職;息子)がお経を上げてくれた。30分お経を上げてもらい、少し説教があって終わった。お墓参りをして、今回の法事は滞りなく終わった。食事の方もまずまずだったと思う。手頃な価格だったし、ちょうどよかった。15時半に会を終えた。帰りに「上州銘菓旅がらす」のおみやげを持ち帰ってもらった。最初にアナウンスしてあった会費で、ほとんどぴったりだった。一応父の名代として務めさせてもらったが、店の予約とかカミさんにいろいろ手伝ってもらって助かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

ツバメくんその後(5/17)

ツバメのジュンペイくんは、5/15から再び帰って来なくなってしまった。
近所には3羽くらいのツバメが飛び交っているのだが、玄関灯の傘に戻ってくることはなかった。ちょっと淋しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

ツバメくんその後(5/12)

Tsubame3

ツバメのジュンペイくんは、3日間帰ってこなかったのだが、今晩、なぜか戻ってきていた。どこかへ行ってしまったかと思っていたのだが...。巣作りするのか?まだまだ、しばらく様子見だ。ちなみに、また1羽で戻ってきた。婚活はまだ続いているのだろうか。

写真は、9日に先日設営した家庭菜園のヤグラに止まったツバメくん。しばらくこちらを観察していたらしい。

【追記】5/13の午後、2羽で玄関付近を飛んでいるツバメを確認したとのこと。婚活成就か?!と思っていたが、今晩も1羽で戻ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

600件

おかげさまで、5月9日の「ツバメその後」が、600件目の記事になった。読んで下さる方々に感謝申し上げたい。
 たまに職場の人にブログの話をすることがあるのだが、概してあまり理解されないのだ。それって何になるの?とか、儲かるの?、という感じだ。まぁ、実のところ職場の人には知られたくないというのが本当の気持ちだ。ところで、ブログって何だろう。私にとっては、生活の刺激、大げさにいうと動機付けという感じかな。ブログのネタをさがすとか、ネタのためにでもいいのだが、何かにチャレンジする、何かおもしろそうなものに見つけるべくアンテナを張るという意識が強くなったように思う。
 ブログの機能で、ひとつ提案。公開されない記事も書けるようにできないかな。考えを整理したりするのにブログはいいのだ。自分だけの日記とか、公開範囲を決められるといいな、と思う。実は親戚も読んでいることがわかって、登録したメンバーだけが見られるようにしたいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

ツバメその後

ツバメくんだが、ジュンペイと名付けた。名前の由来は、ある年齢層以上だとわかるかも...。(つばくろのジュンペイ、といえば...)。
4月30日に姿を現してから、夕方になると毎晩、うちの玄関灯に止まって、夜をすごす。だが、朝になると、もういないのだ。昼間はどこにいるんだろう。一向に巣作りをする気配は見せないし、夜は一羽で戻ってくる。もしかして、「婚活中」なのかな。パートナーを見つけてきてから、巣作りを始めるのだろうか。
写真は5月4日のツバメくん。毎晩こんな感じで見上げては、まだ一羽なんだねぇ、と話していたのだ。
Swallow2

実は今晩、ジュンペイくんはうちに帰ってこなかった。うちで巣作りをするのはやめにしたのかな。ちょっと心配だ。

【追記】後で調べたら、「つばくろの甚平」でした。まあキミはジュンペイにしておこう。(とはいえ、オスなのかメスなのか、実はわかっていないのだが...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンヌくん、あご乗せ枕を使う

Hannumakura

猫グッズは数多あるのだが、なかなか彼のお気に召すグッズにはお目にかかれないのだ。また、飼い主の意図とか商品の意図どおりに使ってくれないことも多いのだが、「あご乗せ枕」というグッズを買ってみた。猫のあご乗せ写真というのは、うまく撮れるとホント、可愛いのだ。若干意図とは違うが頭を乗せて寝ているところを撮影できた(実際は寝起きだったようで、若干不機嫌そうな顔だ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

GW 6日目

今日は弟の家族が遊びに来た。
私たちが群馬県に引っ越して来て、どんなところに住んでいるのか、興味があったのだろう。弟は社会人になって3年くらい前橋に住んでいたことがあって、懐かしい思いもあったようだ。
昼過ぎに来て、しばらく家の中でお茶を飲んだり、おしゃべりをしていたのだが、子供たちも持ってきたゲームやベイブレードに飽きてきてしまった。子供たちは、体を動かして遊ぶほうが良かろう、と思って、遊べる公園をさがした。ネットで大室公園というのを見つけたのだが、弟の車のナビには登録されておらず、登録のあった敷島公園に行ってみた。敷島公園は前橋の代表的な公園なのだ。私たちもこの公園に行くのは初めてだ(サッカー場のあたりには行ったことがあった)。松林の公園だ。子供達と、松ぼっくりを投げたり、松ぼっくりの当て合いをしたり、ボール投げをしたりと遊んでいた。奥の方に歩いていくと、ボートの池が見えてきた。手こぎボート30分200円、2艘に分乗した。子供たちは初めての経験だったようで、大いに楽しんだようだ。

Boatpola
写真は、Polaというソフトウエアで加工してみた。Polaroidカメラで撮影した写真みたいな雰囲気に加工してくれるのだ。手書き風のテキストも入れてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭木の剪定

昨日は実家に帰って、恒例の庭木の剪定をしてきた。
実家のシンボルツリーであるハクレンの伸びた枝を短く切り揃えるのだ。数年前までは父母がやっていて、それをフォローしていたのだが、剪定の作業はかなりの重労働だ。最近ではわれわれが中心になってやっている。昨年は高枝切りばさみで、かなり苦労したのだが、今年は思い切って木に登って、ノコギリで切ってみた。太い枝もかなり切って、すっきりした。
来年は植木職人が使うような片手ノコギリを準備しようと思う、実家のノコギリは工作用で、植木の剪定には不向きなのだろう。片手で手を伸ばして枝を切る、なんていうのは難しいのだ。

Hakuren_3

3月11日に大きな手術をして、自宅療養中の父は、昨年までは、現場監督のように指示を出したりしていたのだが、今年は、なかなか部屋から出てこなかった。興味が失せてしまっているのだろうか。終盤になって、ようやく庭に出てきて、われわれの作業を眺めていた。うまくできたでしょう、というと、上出来ですね、と答えが返ってきた。

【追記】剪定作業は、普段使っていない筋肉を使うので、背中から肩から腕まで筋肉痛で痛いのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

GW(5/1~5/2)

5月1日(土)と5月2日(日)は、カミさんのご両親が泊まりに来た。
カミさんの両親は、引っ越しの時に手伝いに来ていただいたのだが、何せ引っ越しだったので、ばたばたと忙しかったのだ。今回はゆっくり泊まっていってもらえてよかった。1日は、夕方に到着。高速道路もそれほど混雑はなく、スムーズに来られたとのこと。この日は群馬県の美味しい物を求めて、群馬県の産地直売所風スーパーマーケットに買い物に出かけた。
2日は、赤城山に向かった。赤城山って結構標高が高いのだ。最高峰黒檜山1828mをはじめ1200~1800m級の山々の総称を赤城山と称している(Wikipediaより)。麓は暑いくらいだったが、頂上付近の大沼はひんやりしていた。赤城神社をお参りして下山。途中に、赤城山温泉という温泉があって、旅館の日帰り温泉に入ってきたのだが、源泉掛け流しで、いいお湯だった。観光地としてはマイナーなのだろうが、隠れた名湯なのかもしれない。ひっそりとしたひなびた温泉だった。穴場といっていいだろう。結構使えると思った。何せ、自宅か ら数十分で行けるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

ツバメ巣作り?

昨日の夜、外出から帰宅すると、玄関灯の傘の上に、ツバメが1羽とまっていた。
実はこの家は前の住人の頃からツバメが巣を作っていたらしいのだ。冬に下見に来たときに、玄関灯の上に、巣の残骸があったのに気づいていた。ツバメが巣造りをする家は縁起がいい、という言われもある。ここに住むようになったら、ツバメが渡って来るんだろうな、と思っていたのだ。結構楽しみだったし、この家に決めた一つの理由だったかもしれない。しかし、引っ越してきたときに、ハウスクリーニングで撤去されていて、内心残念に思っていたのだった。我が家にツバメは来るのだろうか?と思っていた。
数日前から、玄関に鳥のフンが落ちていて、近くに来ているのかな、とは思っていたのだ。巣作りをするのか、ただ止まっていただけなのか。少し見守りたいと思う。

Tsubame

写真は、今日、5月1日に撮ったツバメ。昼間は姿を見せなかったのだが、夜になって戻ってきてくれたようだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »