« 従弟と忘年会 | トップページ | ハンヌくん緊急入院その後、動物病院に行く »

2009年12月13日 (日)

ハンヌくん緊急入院

昨晩は大変だった。
愛猫ハンヌくんの様子が変なので、夜間動物診療センターに連れて行ったところ、緊急入院ということになったのだ。いつものように、お気に入りの箱に入って寝ていたのだが、むくっと起きて歩き出すのを見ていると、どうも左の後ろ足を引きずるように歩いているのだ。しきりに左足を舐めているし、何だかおかしいな。と思った。彼には肥大型心筋症という既往症があって、血栓が出来る可能性が高いのだ。猫の場合、その血栓が後ろ足の動脈に詰まって、足が麻痺してしまうことがあるそうだ。その症状かもしれない、ととっさに判断して、この前買った新しいキャリアケースに押し込んで、夜間診療センターに連れていったのだ。獣医さんの診断では、左足の脈が弱いこともあって、血栓が詰まっている可能性があるとのことだった。そのまま一晩入院させて、経過を観察してもらうことにした。容態の急変があったら、一報を受けたあと、血栓を溶かす等の処置をしてもらうし、何もなければ、朝の5時半に引き取りということになったのだ。私たちは一旦帰宅し、自宅で待機していた。いつ電話がかかってくるかわからないし、落ち着かない夜を過ごした。

|

« 従弟と忘年会 | トップページ | ハンヌくん緊急入院その後、動物病院に行く »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186101/47009755

この記事へのトラックバック一覧です: ハンヌくん緊急入院:

« 従弟と忘年会 | トップページ | ハンヌくん緊急入院その後、動物病院に行く »