« ハンヌくん緊急入院 | トップページ | タジン鍋その後 »

2009年12月13日 (日)

ハンヌくん緊急入院その後、動物病院に行く

夜間診療センターに緊急入院したハンヌくんを5時半に引き取りにいった。注射を3本打たれたようだ。かかりつけの動物病院に朝イチに診せることになった。主治医への引き継ぎ事項のメッセージを受け取って、帰宅した。足を引きずる様子もなく、特に問題なさそうだったが、かかりつけの動物病院に朝9時に連れていった。動物病院は超満員だったが、今回の件は、センターからFAXで既に連絡が入っており、比較的早めに診察を受けることができた。
心配していた診察の結果は...、

特に問題なし。
レントゲンの結果でも、心臓の肥大が進んでいることはなかった。心エコーの診断でも、6月の精密検査の結果と変化はなし。左足の脈もきちんと取れているし、爪の色もきれいだ、とのこと。高いところにジャンプしたりもできますし、血栓の心配はないですね。との診断だった。ひとまずホッとした。 で、足をひきずっていたのは、なぜ?
足がしびれただけかもしれないですね。とのことだ。
そんなオチがあっていいのか?猫の足がしびれるのか?狭い箱に入って寝ていたからか?

大変な騒動だった。

ハンヌくんも口には出さないけれど、「俺は足がしびれただけなのに、よってたかって何の騒ぎだよ!」と言っているに違いない。箱にも入らなくなったし、時々隠れ家のように使っていたキャリアケースにも入らなくなってしまうだろうな...。 ちなみに、後ろ足の動脈に血栓が詰まってしまった場合、相当痛がる、とのことだ。足も引きずるというより、麻痺なのでだらーんという感じになるということ。過剰に反応してしまったな。 まあ、何ともなくてよかったよ。

|

« ハンヌくん緊急入院 | トップページ | タジン鍋その後 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186101/47009769

この記事へのトラックバック一覧です: ハンヌくん緊急入院その後、動物病院に行く:

« ハンヌくん緊急入院 | トップページ | タジン鍋その後 »