« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月29日 (日)

うまいものMAP

Map001s

今日は、浦和・越谷の方に用事があって、奥さんと私の両親の合計4名で、車で出かけた。コースはカーナビに誘導してもらい、関越自動車道所沢ICから外環自動車道〜東北自動車道を経由して、目的地に到着した。話題の高速道路1,000円は適用できないコースだったが、ETCを着けていて快適だった。
帰路の途中、浦和の県道57号線から「舟和の芋ようかん浦和工場・直売所」という看板が目に入った。「舟和の芋ようかん」は東京・浅草の名物として有名だ。ちょっと寄ってみようということになって、工場に入ってみた。入り口のすぐ近くに直売所があって、芋ようかんと大福を買った。「うまいものMAP」という手作り風の地図が目についた。県道57号線沿いの食品工場とその直売所が載っているのだ。すぐ近くにカステラの「文明堂浦和工場・直売所」があって、その先には、「餃子のヨコミゾ」浦和工場・直売があった。

(*)「うまいものMAP」:手作り風の地図の名前がいまいち思い出せないのだが、こんな名前だったようだ。
【追記】寄り道MAP「おいしいルート発見」というのが、地図の名前だった。9月彼岸に再度訪れたときに、印刷した地図が店頭に配布されてあり、持ち帰ってきた。

続きを読む "うまいものMAP"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

壮行会など

昨日は、この20日付けで退社する仲間の壮行会に出席してきた。地元に帰って親御さんの面倒を見るという。就職の関係で地元から離れて暮らすことは多い。若いうちはいいけれど、年をとってくると親のことはどうしても心配だ。こちらでの生活もあるし、こういうジレンマは誰もが経験することだろう。人ごとではないなと思う。彼はそれほど近しいわけではなかったが、年齢も近くて、星の話とかオークションの失敗談とか、ちょっとした話をよくしたものだ。これからも頑張って欲しいと思う。彼のこれからの新しい人生にエールを送りたい。壮行会を終えて帰宅。年度末は半期の業務報告とかレビューの資料づくりで忙しく、睡眠不足で疲れもたまっているのだ。風邪は長引いているし、花粉症も加わって不調なのだ。
駅に向かう途中のブックオフで、前から買おうと思っていたCDを見つけた。Corinne Bailey Rae は、英国の女性R&Bシンガー。前に買った「グラミー・ノミニーズ2007」に、彼女の「Put Your Records On」が収録されていて、印象に残っていたのだ。マーカス・ミラーの「フリー」にもボーカリストとして参加している。ジャズのようでもあり、可愛らしい、自然な感じのボーカルなのだ。

デビューアルバムとライブアルバムからなるCD2枚とDVDが1枚はいった特別版だった。帰宅してWebで調べてみてはじめて知った。実はデビューアルバムに目をつけていたので、ラッキーだった。ケースが若干傷んでいたが、950円、掘り出し物だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジンギスカン (お花見で食べたいモノ)

そろそろお花見の季節だ。うちは毎年花見を楽しみにしていて、桜を愛でながら、お料理、お酒を楽しむのだ。お花見料理は、ジンギスカンでいこうと思う。去年の花見で、ジンギスカンをやったが、結構好評だったのだ。ジンギスカン鍋は引き出物のカタログギフトでもらったものだが、こういう時に重宝している。飲み物といえば、桜色にほんのり色づいたロゼのスパークリングワインなんかいいね。スパークリングワインは、ちょっとおしゃれな感じで、お花見には欠かせない。だが確実に酔っぱらってしまう。

春のロゼワイン



コネタマ参加中: お花見で食べたいもの・飲みたいものを教えて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

今日のiPod(2009.03.16)

今日は天気も良く、暖かかったので、久しぶりに歩いて通勤した。往復50数分、しっかり歩行は5,700歩になった。今日はほぼ1万歩歩いた。徒歩通勤のお供にはやっぱりiPodだな。

1 Tribute To Peador O'Donnell/Monkey Let The Hogs Out Alison Krauss & Union Station Live
2 Hole In My Head Dixie Chicks Fly
3 It Don't Matter Now Alison Krauss Forget About It
4 Desperadoes Waiting For A Train Nanci Griffith Other Voices, Too (A Trip Back To Bountiful)
5 Lil' Jack Slade Dixie Chicks Home
6 「鹿男あをによし」エンディング・テーマ 佐橋俊彦 「鹿男あをによし」オリジナル・サウンドトラック
7 The Secret Of Life Faith Hill Love Will Always Win
8 Truth No. 2 Dixie Chicks Home(ホーム)
9 Everbody Knows Dixie Chicks Taking the Long Way
10 手と涙 矢井田瞳 Single collection / Yaiko's Selection [Disc 2]
11 Crazy Faith Alison Krauss & Union Station New Favorite
12 あの日にかえりたい Duet With 露崎春女 稲垣潤一 男と女 -Two Hearts Two Voices- 
13 キセキ GReeeeN キセキ - Single
14 Little Green Joni Mitchell Blue


「あの日にかえりたい」は、荒井由実の名曲を、稲垣潤一が露崎春女とのデュエットでカバーしている。このアルバムはデュエットによるカバーアルバムだ。ユニークなコラボレーションが楽しめる。露崎春女というシンガーはこのアルバムで初めて知った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

ハンヌくん情緒不安定

先日、うちの猫ハンヌくんにとんだ災難が降りかかってしまった。キッチンの隅のポリ袋に入った再資源用プラゴミをバリバリと踏んで遊んでいたのだが、いつの間にかポリ袋の持ち手に首が引っかかってしまったのだ。取れなくなってしまって、パニックになった彼は、ポリ袋を首に引っかけたまま走り出してしまったのだ。本当にビックリしてしまったのか、そのままオシッコはまき散らすし、最大の恐怖を味わってしまったようなのだ。幸いなことにポリ袋はすぐに外れたので、大事には至らなかったが、しばらくは落ち着かなかった。「フーッ」とか低い声で唸って威嚇するし、陰に引っ込んでなかなか出てこないし、情緒不安定になってしまった。4、5日くらい経って、ようやく落ち着いてくれた。それにしても、まき散らしたオシッコのニオイには閉口した。なかなか消えないのだ。猫は嗅覚が鋭いので、そのニオイが残っていると、そのときの恐怖を思い出すのだろう。時々威嚇の仕草を見せていた。

090315182858
今は落ち着いて、いすで寛ぐハンヌくん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

温泉に行きたい

景気刺激対策で「定額給付金」が出ることになった。消費してもらって景気回復を、ということなのだろうから、この際、使ってやろうと思う。そこで、温泉でちょっとのんびりしたいな、と思っている。話題の高速道路乗り放題を使えば、遠乗りしても往復2,000円だし、信州の温泉にでも行きたいところだ。
それにしても「定額給付金」の配布というのは、政治的無策を感じる。この時期に微妙な額の12,000円を給付されても多くは消費に回らないだろう。総額で2兆円にのぼるこのお金はきちんとした使い方をして欲しかったと思う。新エネルギーをはじめとする新しい技術の開発、新しい産業への投資、雇用対策や就業支援(保育所の整備等)などいくらでもありそうなものなのに、ばらまいてしまっておしまいではないか。新技術への投資はいずれ何倍にもなって返ってくる可能性もある。国際的な競争はいよいよ激しいのに。まとまったお金なのだから、重点的に使って欲しかったな。


コネタマ参加中: 定額給付金、もらったら何に使う?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

UNIQLOでパーカー

appleのCMとUNIQLO(ユニクロ)のCMは、本当に良くできていると思う。買いたいなという気にさせる。ユニクロのパーカースタイル1000というCMを観ていて、春らしい、明るい色のパーカーが欲しくなった。近所のユニクロに行って、スウェットフルジップパーカ(purple)、コットンチノパン(Navy;W76cm×丈76cm)とレギュラージーンズ(black;29inch)を、奥さんもオレンジのウインドブレーカ、ジーンズを買った。春らしいカラーリングで、気分も明るくなるね。

【追記】「パーカースタイル1000」のCMで340のところを歌っている人達は誰だろう?と気になっていました。そういう疑問を抱く人は私だけではなく、「yahoo知恵袋」の、このページに回答も出ていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その土地の物を食べる

「食に対するこだわりを教えて!」というコネタマのお題に参加してみよう。実は何でもこだわりなく食べるのだが、強いていえば、「その土地のものを食べる」ということかな。なるべく国産のものを食べるし、地の野菜を直売所などで買うことも多い。また旅行に行ったら、その土地特有のものを食べることにしている。海外旅行でもそうだ。コレは何?というものも多いが、必ずチャレンジしてみるのだ。タイの酸っぱ辛い料理とか、韓国の辛いのも一度は食べてみた。


コネタマ参加中: あなたの「食育」!食に対するこだわりを教えて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛍の光

前の記事で、卒業の歌について書いたが、「蛍の光」や「仰げば尊し」も、小中学校の卒業式では歌ったものだ。今の学校ではどうなのだろう。新しい歌もいいが、伝統的な歌も歌い継がれていくべきだろう。「蛍の光」は原曲はスコットランド民謡「Auld Lang Syne」だそうだ。スコットランドの国民的詩人といわれるロバート・バーンズによって現在の歌詞になったという。日本に伝わってきて、小学唱歌としての別の歌詞がつけられたのだろう。この話は、最初はハーモニカプレーヤー松田幸一のBlog「ari@times」記事で知った。記事にはCD「エディ・リーダー/ロバート・バーンズを想う」を聴いていて、その詞がとても良い。とあった。「古くからの友人のことを忘れることがあるだろうか、その思い出を想いつつ、変わらぬ友情に、酒を酌み交わそう」と歌っている。エディ・リーダーはスコットランドの女性シンガー。それならば、と思って、私も聴いてみました。日本で普通に歌われる「蛍の光」とはまるで別の曲だったのだ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

Goodbye school days

3月は卒業シーズンである。「卒業」を題材にした曲は数多いが、タイトルの「Goodbye school days」も文字どおり卒業の曲だ。コーラスグループのハイ・ファイ・セット(Hi-Fi Set)が歌っている。大学を卒業して、学生から社会人になる彼氏に対する彼女の想い、別れの寂しさ、切なさをしっとりと抑えて歌っている。大人が聴ける卒業ソングという感じだ。私の場合、たぶん大学生の頃に聴いていたんだろうと思う。歌のようなドラマはなかっただろうけれど、この曲は今聴いても、そのシチュエーションを想像すると胸がきゅんとなりそうになる。この曲は、1984年にリリースされたハイ・ファイ・セットのアルバム「PASADENA PARK」の最後に収録されている。CDも発売されたが、すでに廃盤になってしまったらしい。再販して欲しい名盤だと思う。ハイ・ファイ・セットは解散してしまい、山本潤子さんがソロで歌っているけれど、大人のポップスが歌えるグループとして活動を再開して欲しいな。
Pasadenapark
写真は私が持っているLPレコードの「PASADENA PARK」



コネタマ参加中: 「卒業」と聞いて思い浮かぶ曲は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

今日のiPod(2009.03.06)

今日のiPodです。

1 The Girls On The Beach The Beach Boys Endless Summer
2 Redemption Song The Chieftains  The Wide World Over
3 Choctaw Hayride Alison Krauss & Union Station  Live
4 Broadway  Alison Krauss & Union Station  Live
5 Mr Bojangles The Nitty Gritty Dirt Band Uncle Charlie & His Dog Teddy
6 Top Of The World Dixie Chicks Home
7 Tiny Broken Heart Alison Krauss & Union Station Live
8 Swallowtail Butterfly ~あいのうた~  YEN TOWN BAND  MONTAGE
9 I'm Jealous Shania Twain  Up! (Blue Disc)
10 I'll Remember You, Love, In My Prayers Alison Krauss & Union Station So Long So Wrong
11 Undone in Sorrow Crooked Still Still Crooked
12 My Poor Old Heart Alison Krauss & Union Station Lonely Runs Both Ways
13 Top Of The World Dixie Chicks Top Of the World Tour-Live [Disc 2]
14 What I'd Give Sugarland  Love On The Inside
15 Let Me Touch You For Awhile  Alison Krauss & Union Station New Favorite
16 I'll Fly Away Alison Krauss & Gillian Welch  O Brother, Where Art Thou?
17 If I Fall You're Going Down With Me Dixie Chicks Top Of the World Tour-Live [Disc 2]
18 I Believe In Love Dixie Chicks Home
19 The Road Is A Lover Alison Krauss & Union Station So Long So Wrong
20 Sunday Bloody Sunday U2 War
21 MOON OVER SAN DIEGO 矢野顕子 GO GIRL


「The Girls On The Beach」は、1974年に発売されたビーチ・ボーイズのオリジナルベストアルバム「Endless Summer(邦題・終わりなき夏)」ハーモニーが美しい。名曲だと思う。ドライブにぴったりだ、

「Redemption Song」はレゲエの曲だ。ボブ・マーリーの長男Ziggy MarleyとThe Chieftainsが競演している。アイルランド音楽のチーフタンズとレゲエのコラボレーションというのは意外に感じたが、彼らにかかればジャンル分けという垣根を簡単に超えてしまう、ということだろう。また、ボブ・マーリー原曲の詞がすごいのだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

「三国志」かな...。懐かしいテレビゲーム

ブログのネタ「懐かしい『テレビゲーム』について語ろう!」のお題に参加してみよう。それなりにテレビゲームをやったのは、ずいぶん遅くて、大学4年生になってからだ。配属された研究室に、NECのパソコンPC-9801があって、そのゲーム「三国志」にはまった。徹夜までして、何日もかけてクリアしたのを覚えている。単純なのだが、結構おもしろかった。開墾や農業、治水事業などをやって国力を高め、兵力を増強して、少しずつ領土を広げていくのだ。配下にした武将に書物を与えると頭が良くなったり、報償金をやると忠誠度が上がる。逆に何もしてやらないと、裏切って他の国に逃げてしまう。領民に対して年貢を厳しく取り立てたり略奪なんぞをすると一揆が起き、領主(自分)が殺されてゲームオーバー等、細かい設定もおもしろかった。戦闘モードは、単純な陣取りみたいなモノで、攻撃パターンも火を放つとか罠にかけるとか、今にして思えばちゃちなものなのだが、結構テンションが上がって、ハラハラドキドキしながらやったものだ。罠にかけて風上から火を放つと相手を火攻めで倒せる、などとやっていた。5インチのフロッピーディスクにシステムとデータが入っていて、ガチャンガチャンと読み込んでいたのだ。当時、研究室ではこのゲームが流行っていて、みんな徹夜しながらやっていたものだ、登場人物を詳しく知るために、わざわざ吉川英治の小説「三国志」を読破した先輩もいた。今にして思えば懐かしい。


でも、それくらいかな。今もそうだけれど、ゲームはそれほどやらなかったな。




コネタマ参加中: 懐かしい「テレビゲーム」について語ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

ビジネス小物でこだわっているもの

gooランキング「ビジネス小物でこだわっているものランキング」という記事を見つけた。



私の場合はどうかというと、
1位 ボールペン
2位 シャープペンシル
3位 メモ帳、ノート
4位 手帳
5位 電卓
くらいかな。手帳は「能率手帳」普及版を使っているが、ビジネス書などで見かける、夢を実現とか、目標達成といった使い方はできていないな。スケジュールと言っても、打ち合わせとか社内の会議くらいだし、何を書こうか、という感じだ。仕事のメモや雑記を書き留めるにはページが足りない。以前は「超整理手帳」を使っていた。A4書類がそのまま持ち出せるし、かなり便利で3年くらい使っていたのだが、メモがばらばらになってしまうのが気になってやめてしまった。ちょっと大きいし...。シャープペンシルは「プラチナ万年筆・プレスマン」に決めている。速記用と言うだけあって、0.9mm/2B芯の書き味はスムーズだ。ちょっと太めの軸も私にはちょうどよい。細かい文字には不向きだが、ゴリゴリとメモをとったり、アイディアを書き出したり、という使い方にはよく合っている。学生の頃?から使っているのかもしれない。1本210円なのだが、どこでも売っているというわけではないので、見つけるとちょくちょく買ってしまい、数本が会社や自宅の机の引き出しに転がっている。ボールペンの最近のお気に入りは「トンボ・REPORTER 4 compact」かな。短いコンパクトな4色ボールペンだ。しっかりしたクリップがついていて、手帳の表紙を挟んで、セットで持ち歩いてる。書き味もなかなかよいのだ。メモ帳はロディア(RHODIA)のNo.11。書きやすい紙質で、薄いblueの5mm方眼も便利。ミシン目でピッと切れるのが気持ちいい。革製のメモホルダーにセットして、上着の内ポケットに常備してある。電卓は、私も一応技術系の人間なので、関数電卓を使っている。最近買ったのはHPの関数電卓HP-35Sである。特徴的な、逆ポーランド記法(RPN)という計算方法は、カッコ()を使わないで計算できる。使ってみると中々便利で、その方式に感心してしまうのだが、実はまだ慣れておらず、使いこなせていない。最近はお金とか数量の計算が多くなってしまい、関数電卓の出番は少なくなってしまった。こだわりの事務用電卓も1個欲しいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

向かい風・追い風

向かい風というと、普通は、逆風、堪え忍ぶ、といった抵抗力を感じる。不況などはまさしく向かい風で、ネガティブなイメージだ。一方、追い風は、追い風にのって、後押しを受けて、とかポジティブな場合に使う。だいたいのスポーツは追い風の方が有利だ。ところが、スキーのジャンプでは、全く逆である。向かい風を受けて(揚力を得て)、遠くに飛ぶのだ。追い風では逆に失速してしまう。「いい向かい風が吹いています」などと実況・解説が入る。普通、いい向かい風なんて言わないものだ。時々自分でも使い方を間違うときがあって、いいのは追い風?向かい風?、ポジティブ・ネガティブ、どっちだったっけな?と思うときがある。
気の持ちよう、と思えばよくて、向かい風の時は遠くまで飛ぼう、追い風のときは押してもらおう、というように都合良く、ポジティブに使っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »