« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

ノルディック世界選手権・複合団体を観て

チェコのリベレッツで開催されているノルディック選手権・複合団体では日本が優勝した。TV中継は深夜遅くて観られなかったし、翌朝のNHKニュースのスポーツコーナーでは相変わらず大リーグのキャンプ情報だったので、実は全く期待していなかった。ところが、フジテレビ系列の情報番組「とくダネ!」で、複合団体の優勝、しかもクロスカントリーでの逆転優勝を報じてくれた。番組で取り上げたのは、スポーツ通で知られるメインキャスター小倉智昭氏ならでは、であろう。インターネットが報じるスポーツニュースなどで詳細もわかったが、何よりも早く映像が観たかった。

日本、複合団体で「金」=世界ノルディック  【リベレツ(チェコ)26日時事】当地で26日行われたノルディックスキー世界選手権の複合団体で日本が優勝し、今大会初のメダルを獲得した。湊祐介(東京美装)、加藤大平(サッポロノルディックク)、渡部暁斗(早大)、小林範仁(東京美装)で臨んだ日本は前半の飛躍で5位につけ、後半の距離で快走。最終走者の小林が競り勝ち、金メダルに輝いた。  世界選手権の複合での表彰台は、1999年大会の個人スプリントで荻原健司が銅メダルを獲得して以来、5大会ぶり。金メダルは97年大会の個人を制した荻原健司以来で、団体では95年大会以来の快挙となった。  日本は前回札幌大会ではジャンプ団体で銅メダル1個を獲得している。(了)(2009/02/27-02:06)  時事ドットコムより


今日になって、録画してあった複合団体戦のジャンプ、クロスカントリーを観ることができた。やはり特筆すべきは、クロスカントリーだ。今までのケースだと、ずるずると脱落というシーンが見られたが、今回は違っていた。24秒差の5位でスタートしているが、すぐにトップ集団に追いつき、常にトップ集団でレースを展開していた。上位集団が互いに牽制し合っていたのも功を奏したか。メンバーはいい位置を常にキープし、エースの小林範仁選手に勝負を託した。小林の滑りは素晴らしかった。最終チェックポイントを過ぎてしばらくしてから、小林が仕掛け、最後のスプリント勝負を制した。ノルウェイを置き去り、ドイツを振り切って勝ちきった。素晴らしいパフォーマンスだった。ジャンプでの大量のリードをクロスで逃げ切る、というのがかつてのパターンだったが、クロスで逆転というのは、まさに「新生日本」を見るようだった。7大会14年ぶりの優勝おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

ノルディック世界選手権(スプリント女子団体)を観て

世界ノルディック選手権を深夜のBS放送で観ている。昨晩のスプリント女子団体(夏見円、石田正子のペア)は、おもしろかった。ぶっちぎりのフィンランドに続いて、スウェーデンとイタリアとの間で繰り広げた三つどもえのメダル争いは、白熱の展開で、手に汗握るものだった。下りになるとスルスルと、2国を抜き去っていくシーンがよく見られた。スキーがよく滑っている証拠で、ワックスやスキーの選択がうまくいっているとの解説があった。このまま行くのか、どこが脱落するのか。とハラハラしながら観ていた。結果は4位。最後までメダル争いを演じ、3位イタリアとの差は1.4秒、ほんの数メートルだった。メダルがすぐそこに見えていたという感じだ。五輪・世界選手権を通じて、クロスカントリーでは日本勢最高位である(これまでは07年世界選手権札幌大会・個人Sでの夏見の5位が最高)。ワックスマンらスタッフとつかんだ栄誉といえるだろう。ヨーロッパの強豪に混じってのパフォーマンスは素晴らしかったと思う。おめでとうございます。

以下、毎日新聞のニュースサイト「毎日.jp」より
世界ノルディック:夏見、石田組が4位 距離女子団体S

【リベレツ(チェコ)立松敏幸】ノルディックスキーの世界選手権は第8日の25日、距離男女団体スプリント・クラシカルを行い、女子(7.8キロ)で夏見円と石田正子(ともにJR北海道)が組んだ日本は4位と健闘した。五輪・世界選手権を通じて、距離では日本勢最高位。これまでは07年世界選手権札幌大会・個人スプリントでの夏見の5位が最高だった。夏見・石田組は予選2組を2位(全体の4位)で通過し、10チームで争う決勝に進んだ。優勝はフィンランド。

今大会の石田選手、素晴らしいですね。スプリント団体の最終ラップは何と1位

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30,000アクセス達成

25日22時12分頃、ちょうど30,000アクセスを達成しました。読んでくれている方、ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

続きを読む "30,000アクセス達成"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

ハンヌちゃん記念日

今日、2月22日は「にゃんにゃんにゃん」で「猫の日」。そして、2003年の2月22日はハンヌくんをわが家に迎え入れた記念すべき日だ。ということで、今日はハンちゃん記念日のお祝いをした。ワインを飲んで、ケーキを食べた。

222cake

ハンヌくん、うちに来てくれてありがとうね。


Inthebox
最近買った猫グッズ、「ニャンコブロック」に入ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

ノルディック世界選手権2009リベレッツ

チェコのリベレッツでノルディックスキー世界選手権2009が始まった。なかなかテレビでやってくれないのが残念なのだが、唯一NHKのBS放送で深夜に放送してくれている。今回も夜更かししながら、放送を観ているのだ。ノルディックスキー競技は全く経験は無いのだが、結構おもしろいと思っている。観るようになったきっかけは、1998年の長野オリンピックだろう。ノーマルヒルのジャンプ競技とノルディック複合を観戦したのがきっかけだ。その後、いろんな大会を観に行ったし、選手の方々とも交流をもてた。2001年のラハティ(フィンランド)の世界選手権には、リフレッシュ休暇を使ってフィンランドまで観戦にいったし、2007年の世界選手権札幌大会も現地で観戦した。クロスカントリースキーなんて日本では全く注目されていないが、ヨーロッパでは人気のスポーツだ。今年のリベレッツでも多くの観客が詰めかけている。現地はすごい盛り上がりなんだろうな、と思うと、ジッとしていられない気分だ。19日の10kmクラシカルで石田正子選手が8位を獲得した。これはノルディックスキーの長距離種目での初めての快挙だそうだ。というのにこの扱いは何?という思いだが、おめでとうございます。自分の記録を少しでも伸ばして、自分として納得できる結果を残して欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のiPod(2009.02.20)

今日、昨日のiPodです。

1 It Don't Matter Now Alison Krauss Forget About It
2 ルンバでブンブン 大西ユカリと新世界 ちょっとまちがえた - Single
3 Simple Love Alison Krauss A Hundred Miles Or More: A Collection
4 Here's A Health To The Compay The Chieftains The Wide World Over
5 Oh, Atlanta Alison Krauss & Union Station Live
6 Pony Boy The Allman Brothers Band Brothers And Sisters
7 The Circle Game Joni Mitchell Dreamland
8 The Lucky One Alison Krauss & Union Station Live
9 Faraway Land Alison Krauss & Union Station Live
10 Left Alone 城田じゅんじ The Everlasting
11 I'm Gone Alison Krauss & Union Station New Favorite
12 Amor de Loca Juventud Buena Vista Social Club Buena Vista Social Club
13 Godspeed (Sweet Dreams) Dixie Chicks Top Of the World Tour-Live [Disc 2]
14 Ghost In This House Alison Krauss & Union Station Live
15 チェイン 矢井田瞳 Single collection / Yaiko's Selection [Disc 2]
16 Last Love Letter Alison Krauss & Union Station Every Time You Say Goodbye
17 Let Your Loss Be Your Lesson Robert Plant & Alison Krauss Raising Sand
18 You Can't Hurry Love Dixie Chicks Runaway Bride - Soundtrack
19 What Am I To You? Norah Jones Feels Like Home
20 Sawing On The Strings Alison Krauss A Hundred Miles Or More: A Collection
21 Carolan's Concerto The Chieftains The Wide World Over
22 Down To The River To Pray Alison Krauss & Union Station  Live
23 The Long Day Is Over  Norah Jones Come Away With Me
24 There Is A Reason Alison Krauss & Union Station So Long So Wrong

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

今日のiPod(2009.02.15)

今日のiPodです。昨日今日と変に暖かい。というより、暑いくらいの陽気でしたね。ちょっと車で買い物に出かけました。
1 そばにいるね 青山テルマ feat. SoulJa そばにいるね - EP
2 あじさい通り スピッツ ハチミツ
3 よっぱらいワラビー 坂庭省悟&宮崎勝之 Battle One
4 放課後の音楽室 GONTITI image
5 ユーゴスラビア 小澤征爾 WORLD ANTHEMS
6 ホームワーク 松任谷由実 LOVE WARS
7 She's Not Just A Pretty Face Shania Twain Up! (Red Disc)
8 What A Wonderful World 東京スカパラダイスオーケストラ GRAND PRIX
9 Yellow Submarine (The Beatles) The Beatles ザ・ビートルズ1
10 丘の上の校舎 ザ・ナターシャー・セブン 陽気に行こう
11 ブラザー軒 高田渡 タカダワタル的
12 Long Time Gone Dixie Chicks Top of the World Tour Live (Disc 1)
13 Clubland Elvis Costello The Best Of Elvis Costello And The Attractions
14 All Or Nothing Cher Believe [Bonus Tracks]
15 Time Is On My Side The Rolling Stones Hot Rocks, 1964-1971 (Disc 1)
16 Never Say Die Dixie Chicks Wide Open Spaces
17 Manha De Carnaval Dexter Gordon Blue Note Nonstop 60 Trax
18 (Blank Track) Dixie Chicks Fly

「ブラザー軒」は高田渡の映画「タカダワタル的」のサントラ盤からの曲だ。「東一番丁、ブラザー軒。」と唱われるこの曲。菅原克己という宮城県出身の詩人によるに、高田渡が弾き語りの曲をつけたもの。好きな作品のひとつだ。七夕の夜ブラザー軒で、死んだ父と妹に遭遇する。という悲しげで不思議な詩にぽつぽつと弾き語る高田の声が雰囲気を醸し出している。ブラザー軒は宮城県仙台市に実在する老舗の洋・中華レストラン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Zaurusでインターネットラジオを聴く

前にZaurusを家庭内LANに接続する、という話を書いた。Zaurusはお気軽なインターネットビューワーになって復活した。メールのチェックとか、ニュースサイトをざっと眺めたり、というときはとても便利だ。さらにZaurusをネット家電的に使いたいと考えていて、「ザウルスでネットラジオを聞こう! - shoutcastplayer -」という記事に注目した。早速、shoutcastplayerというソフト(ver.0.2.4a-1)をインストールしてみた。
Shoutcustplayerss
これはいいぞ。「SHOUTcust | Free internet radio !」 からデータを取得して、ネットラジオが楽しめた。音楽のジャンルごとに放送局が選べて、ノンストップで音楽が流れる。上のスクリーンショットは、countryのジャンルでデータを取得して、181.FMという放送局の音楽を再生しているところだ。ヘッドフォンから流れる音は、想像以上に高音質だった。高速LAN接続で、途切れるようなこともない。とても快適だ。

続きを読む "Zaurusでインターネットラジオを聴く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

Beautiful Sunday

@niftyのブログサービス・ココログが提供する「ブログネタ(コネタマ)」のお題に投稿してみようと思う。
お題は、「初めて自分で買ったCD(レコード)を教えて!」。
Beautifulsunday_2当時はレコードだったな。私の場合、たぶん、田中星児の「ビューティフルサンデー」(1976年)のシングル盤(EP盤)だったのではなかったか、と思っている。今でも、あのドーナツ盤のジャケット写真は覚えている。ボーダーシャツ姿の田中星児(シャツが裏返し?)がジャケットだった。最初に買ったLPレコードは、アリスの「アリスⅥ」ではなかったか。アリスは私が中学生の頃にずいぶん流行った。今は演歌を歌っているけど...。
奥さんに聞いてみたら、最初に買ったのはカセットテープだったそうだ。堀江淳「硝子通り」(1981年)。渋すぎる...。
ちなみに、カセットレコーダーを買ってもらって最初に録音したのは、テレビのイヤホンジャックとつないで「太陽にほえろ」のテーマ曲を録音したものだったと記憶している。奥さんに聞いて見ると、中村雅俊「心の色」だそうだ。これもまた、渋すぎる...。
ラジオからタイマー録音をすることを覚えて、最初に録音したのは(つまり、エアチェックのことね)、何故かオールマンブラザースAllman Brothersの「ランブリンマン Ramblin' Man」だった。オールマンブラザースはそれから全く聴いていないのだが、この曲だけは耳に残っている。サザンロックの特集だったのかも知れない。




コネタマ参加中: 初めて自分で買ったCD(レコード)を教えて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

今日のiPod(2009.02.11)

今日はETCとカーナビを装備しての、ほとんど初めての遠出だった。
それにしても、知らない土地を走るような時はカーナビは本当に便利。また、ETCの便利さにも改めて感心してしまった。高速道路の出入りがノンストップ、というのがこんなに楽ちんとは...。それに割引も結構あるのだ。もっと早く使っていればよかった、と今更ながら思った。
で、今日のiPodだ。iPod/30GBの方を持ち出したので、普段聴いていないような曲も含めて、60曲以上がかかった。

1 Ode To A Butterfly Nickel Creek Nickel Creek
2 いつか シバ 高田 渡を歌う・毎晩夜通しおきていて
3 Ferny Hill The Chieftains The Long Black Veil
4 Landslide Dixie Chicks Home
5 Ukiah The Doobie Brothers The Captain And Me
6 Border Song Elton John Greatest Hits
7 シビーグ,シモアー 松田幸一 VOICE OF HARMONICA
8 僕等の時代 オフコース 2000 BEST Off Course
9 Miss BROADCAST 松任谷由実 天国のドア
10 ライカはローリング・ストーン ザ・フォーク・クルセダーズ 新結成記念・解散音楽會
11 Polkas: Mulcaheys/the Rose Bush/Seamus Creaghs Russ & MacGinty North Amerikay
12 The Long Way Home Norah Jones Feels Like Home
13 Ponta De Areia Wayne Shorter Native Dancer
14 LOVE GOES ON (その瞳は女神) 山下達郎  RARITIES
15 たどり着いたらいつも雨降り 吉田拓郎とLove2 All Stars みんな大好き
16 ドイツ 小澤征爾 WORLD ANTHEMS
17 Velas Quincy Jones  The Dude
18 もっと近くに 小田和正 LOOKING BACK
19 Hold On Eric Clapton August
20 Mr. F Says  GONTITI  Sunday Market


Nickel Creekは、Bluegrassバンド。このアルバムは今年のグラミー賞WinnerであるAlison Kraussがプロデュースしている。軽やかなカントリーで心地いいです。

続きを読む "今日のiPod(2009.02.11)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅めの昼食

達磨寺からの帰りに、以前に訪れたパスタ店に行ってみた。そこで遅めの昼食をとった。
Pasta2「赤唐辛子とにんにくのトマトソース フライガーリック乗せ」
人気メニューとのこと。赤唐辛子が入った辛めのトマトソースににんにくがたっぷり入って、食べているうちに汗が噴き出してきてしまった。赤唐辛子のカプサイシンとニンニクで体中が活性化されるのだろう。たっぷりの粉チーズも熱々のソースに溶けて旨かった。

Pasta1「ペペロンチーノDX(バター風味)」
これもニンニクたっぷりとバジルソース。




量も味も十分満足。ランチセットのパンにソースをつけて食べても美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だるま奉納

昨年の1月に高崎の少林山達磨寺で縁起だるまを買ったのだが、1年経って奉納しなきゃな、と思いつつも納めにいく機会を失っていた。それで、今日になって、古いだるまを納めに、そして新しいだるまを買いに出かけた。
Darumaji

14時すぎに少林山達磨寺に着き、「だるま納め所」にだるまを納めた。奉納されているだるまを見ると、両目あるいは片目に黒々と目が入れられてある。今日納めたわが家のだるまは、買った時の、右目に点の目が入ったままで、納めてしまっていた(これは大間違いだと気づいた)。境内の売店で、今回も15cmサイズのだるま(800円)を購入し、開眼所で目を入れてもらった。200円を納め、お坊さんのお経のあと、向かって右側に「点」の目が入れられた。その目を各人で大きくするように、というものなのだろう。自宅に帰り、大きく黒目を入れた。

Daruma1Daruma2







左は目を入れる前のだるま。向かって右側の目に「点」が入っている。右はその点の周りを太く塗りつぶして大きく眼を入れたもの。両目に大きな目が入れられるように精進しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

グラミー賞2009

ちょっと前に「グラミー賞候補」というタイトルで、「Raising Sand」を取り上げた。グラミー賞にエントリーされたと聞いて、最近改めてよく聴いている。と書いたのだが、今日になって、なんと5部門を制したというニュースが流れてきた。これには驚いた。まさか5部門制覇とは...。

 
ロバート・プラント&アリソン・クラウスが5冠
第51回グラミー賞発表

第51回グラミー賞の授賞式が8日(日)、ロサンゼルスのステイプル・センターで行われた。 ロバート・プラント&アリソン・クラウスが、最優秀レコード賞と最優秀アルバム賞を獲得。さらに最優秀ポップ・コラボレーション・ウィズ・ボーカル賞、最優秀カントリー・コラボレーション・ウィズ・ボーカルズ賞、最優秀コンテンポラリー・フォーク/アメリカーナ・アルバム賞と計5部門を制した。(Variety Japan 2009.2.9 Newsより)


Alison Kraussといい、Dixie Chicksといい、普段よく聴いているミュージシャンがこういう賞をとったりすると、何だかうれしいものだ(Dixie Chicksは第49回グラミー賞で5冠獲得)。「レイジング・サンド 」は、異色のコラボレーションでおもしろい組み合わせだったが、きっと米国でも売れたのでしょう。ブルージーでセクシーなロバートプラントのボーカルに、澄んだ柔らかなアリソンの声がやさしく絡んで、穏やかでゆったりとした、大人な感じのアルバムでした。

続きを読む "グラミー賞2009"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

smile :-)

Smilecoffee_2

立ち寄った「MOS BURGER」で飲んだコーヒー。泡が消えていくと、smileになった :-)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日のNavi様

今日はNavi様にナビゲートしてもらって、あるお店に連れて行ってもらった。目的地名称検索で店名が登録されてあった。おぉ、こんなお店まで登録されているのか、最近のナビは違うなぁ、と感心したのだった。JR中央線沿いの路地にある小さなお店に向かって、順調に近づいていった。線路に沿って走っていて、どこかで渡らなくちゃいけないのだろうな...、と思っていると、突然、「目的地に到着しました」と宣言し、ルートガイドを終了してしまった。たしかに、その店は線路を挟んで、すぐそこにあるのだが、こんなところでナビをやめないでくれ〜!と言ってしまった。目的地が高速道路沿いとか線路沿いというのは難しいのだろうか。メモリーナビの限界か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味噌造り2009(その3)

Kame
今日も朝から味噌造りをしている。市内の豆屋から買ってきた大豆2kg(埼玉県・田代農場産1260円×2)、米麹800g×2袋(信州本作り米こうじ(山高味噌株式会社製787円×2))、粗塩800g(シママース1kg)を使って仕込むのだ。7〜7.5kgのできあがりになるという組み合わせである。奥さんの実家から、大鍋と味噌カメを借りてきた。朝から大鍋2個で豆を煮て、つぶして、塩麹と混ぜてカメに詰めて、つい先ほど、作業を終えたところだ。カメは思ったより大きく、あと1.5倍くらいの量は入りそうだ。
豆屋のおかみさんは豆料理の本を出版していて、味噌造りのレシピも掲載されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

味噌造り2009(その2)

今日は、生協で取り寄せた「手前味噌セット」を用いて、今期の味噌造り第2弾を実行した。今日は1キロの大豆、1キロの味噌麹、500グラムの塩をつかった標準タイプ(できあがり3.5kg)だ。

Miso_koji_salt「手前味噌セット」に入っていた米こうじと塩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧友と会う

今日は大学時代の友人と会ってきた。大学時代に運動部で活動をしていて、そのときの仲間だ。メンバーの一人が出張で上京してくるということで、それを機会に集まったということだ。日本橋で飲んで、ほぼ終電で帰ってきたところだ。ちょっと一服して、記事を書いている。10人集まった。10年〜15年ぶりくらいのメンバーもいたかな。出張の帰りに立ち寄ったりして、集まってくれた。それぞれ結婚されて、子供も持っていたりするのだが、皆あまり変わらないように思えた。久しぶりにみんなと会って、元気をもらって帰ってきた。幹事さん、取りまとめてくれてありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

グラミー賞候補


今年の米国グラミー賞候補にエントリーされている「レイジング・サンド Raising Sand」だ。元レッドツェッペリンのボーカリストであるロバート・プラント Robert Plantと米国カントリー&ブルーグラス界の歌姫アリソン・クラウスAlison Kraussのふたりによるデュエット・アルバムである。去年のちょうど今頃に買ったのだが、お気に入りだ。グラミー賞候補にエントリーされたというニュースを見て、最近繰り返し聴いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

節分

今日は節分だ。恵方巻きというのが流行だそうで、今年の恵方は、東北東とのこと。東北東の方向を向いて、奥さんが作った太巻きにかぶりついてみた。豆まきも、こっそりと小さい声でまいた。手のひらに節分豆をのせるとネコのハンヌくんが寄ってきた。ペロペロなめたと思うと、上手にカリカリと食べ始めた。Websiteを見ていると、節分の豆を食べるネコはうちだけではないようだ。良質なタンパク質だから問題はないだろうが、消化が悪そうだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

味噌造り2009

今日は恒例の味噌造りをした。毎年この時期は味噌を仕込むのだ。
今年は趣向を変えて、麦味噌にチャレンジしてみた。大麦工房という麦を使った健康食品やお菓子のお店から、「手作り麦みそセット」を取り寄せた。作り方はいつもとほとんど同じ。大豆を一晩水に浸しておく。浸しておいた大豆を2時間くらい煮る。指で挟んで簡単につぶれるくらいの柔らかさになるまで煮ればよい。煮汁を別に取り置いて、豆をマッシャーでつぶす。そのあとは、みそこうじという「塩混ぜした麦こうじ」とつぶした大豆、煮汁とをよく混ぜ合わせ、おだんごにしていくのだ。そのだんごを、よく空気を抜いて、瓶の底からしきつめていく。ぎっちりと埋めて、最後に塩を振ってできあがり。上に軽くラップをして、重石を載せて、トランクルームに入れておく。半年から1年で、みそのできあがりだ。
今年は、あと二瓶作る予定。生協で買った「手前味噌セット」と八王子の豆屋さんで仕入れた大豆を使った味噌を作ろうと思っている。

Mash_beans
マッシャーでつぶした煮豆

Misokoji
今回の味噌こうじ「塩混ぜした麦こうじ」。こういうのは初めてだった。混ぜればできあがりとは...。

Misodango
「味噌こうじ」とつぶした大豆、煮汁とをよく混ぜ合わせた「だんご」

Misofinish
瓶に詰めた味噌。あとは待つだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »