« 高尾山参詣 | トップページ | 連勝ストップ »

2008年1月14日 (月)

だるま

「赤くて丸いもの」を東側の玄関に置くと良いらしい。
じゃあ、ダルマなんていいんじゃないか。ということで、今日は、ダルマで有名な、群馬県高崎市までドライブに行ってきた。仕事で出かけることはよくあるが、プライベートで、しかも車で高崎に行くのはほとんど初めてかもしれない。久しぶりのドライブだ。目的地は高崎市にある少林山達磨寺。10時半頃にスタート、圏央道・日の出ICからの圏央道、関越道も非常にスムーズだった。うちの車にはナビがついていないので、初めての地はちょっと不安なのだが、Webで調べてアクセスマップを印刷しておいたので、まあなんとかなった。達磨寺には12時40分頃到着した。


Syourinji

お参りをして、境内の売店でダルマを購入。15cmくらいのもので800円だった。開眼をしてもらう。200円を納め、ダルマをお坊さんに渡すと、合掌してお祈りをしてくださいと言われた。お祈りをしていると、ご祈祷が始まり、向かって右に「眼」を入れて返してくれた。黒々と丸い目玉が入ることを想像していたのだが、これはびっくり。点のような眼だった。

Fuku_daruma

境内には寒ろう梅が咲いていて、いい香りがただよっていた。でも、今日はとても寒かった。

Kannroubai
梵鐘を自由に撞いていい、ということで、撞かせてもらった。心を静めてゆっくり2回撞くのだが、何となくうまく撞けなかった気がする。心に迷いがあったのだろうか。でも気持ちはゆったりと、また引き締まるような気がした。
Pict0001
達磨寺を後にして、近くの物産店に立ち寄る。招き猫ダルマを買った。

Maneki

昼食をどうしようかと、環状線を走っていたら、なぜかインド料理のレストランが目に入り、そこに入った。14時近いのに満員。待っているお客さんも3組ぐらいいた。なかなかリーズナブルな値段で、カレー3種類と肉料理のセット料理(カルカッタ・セットとボンベイ・セット)をそれぞれ注文した。カレーは6種類みんな違う味を楽しむことができた。肉料理は骨なしチキンの辛口料理(チキンティッカマサラ)、タンドリーチキンとシークカバブ。どれもほどよい辛さで美味しかった。スパイスが効いていて、新陳代謝が良くなるのか、汗がだくだくと出てきて大変だった。このお店は正解だったな。あとで調べたら、高崎ではよく知られたお店だった。夕方近くなってしまい、高崎駅で駅弁を買った。高崎駅名物のだるま弁当と、復古だるま弁当。うちに帰ってから夕食にいただく。
赤いだるま弁当。
Daruma

復古版は、だるまの容器が陶器でできている。
Darumabentou2

炊き込みご飯と佃煮がマッチして美味しかった。
Darumabentou3


Darumabentou4
これも美味しかった。普段は大宮・高崎間を新幹線に乗るのだが、乗っている時間が短すぎて、駅弁を食べるには中途半端。だからだるま弁当も今回初めて食べた。
帰って、ダルマを玄関に置いた。パンフレットを見ると南方向に顔を向けるといいらしい。この位置だと、顔も南向きになって丁度いい。(でも、玄関というとちょっと寒そう)

|

« 高尾山参詣 | トップページ | 連勝ストップ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186101/17697956

この記事へのトラックバック一覧です: だるま:

« 高尾山参詣 | トップページ | 連勝ストップ »