« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月18日 (日)

いちょう祭り

この週末、八王子では「第28回いちょう祭り」が開催された。甲州街道沿いは、沿道の市民が出店しているバザーや露天が並んで賑やかだった。市民祭というか交流祭というか、ほのぼのとした祭りだ。クラシックカーパレードなどのイベントもあるのだが、露天で升酒などを買って、いちょうを眺めながら散歩するというのが楽しみ方かな。今回は、一応禁酒中なのでお酒は控えることにしたが、地方物産の露天が並ぶ広場に、能登の物産店が出ていた。獲れたてという牡蠣を殻ごと焼いて売っていた。4個で500円で、これは美味しかった。熱燗と一緒に食ったら、もっと美味かっただろう。
今日は、東京では「木枯らし一号」が吹いた。夕方は結構冷えて寒かった。夕食は、今年の流行という「カレー鍋」にしてみた。結構いけるもんだ。
R20


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日買ったCD

今日は、近所のブックオフでCDを買ってきた。TOTOの「TOTO IV〜聖なる剣」だ。1982年に発売され、グラミー賞をとった。彼らの最高傑作と言っていいだろう。シングルカットされたRosannaとかAfricaなど、よくFM放送でかかっていたのを覚えている。もう25年も前のことか、懐かしいなと思って買ってしまった。なんと1,000円だった。これから聞き込んでみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

メダカの引っ越し

今日は、メダカの引っ越しをした。メダカは、以前実家からもらってきたもので、今までは丸い金魚鉢で飼っていた。今回は角形で十分な容積のガラス水槽にしてみた。ポンプで水を汲み上げ、フィルタリングと同時にエアレーションし、水槽に戻すタイプだ。だいぶ広くなっている。もう数匹入れてもよさそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

お酉様

今日は、一の酉。
大鳥神社にお参りに行った。縁起物の熊手を買って来た。これも我が家では毎年の行事で、1年前に買った熊手をお返しし、新しいものを買ってくる。何かいいことがあったら、熊手を大きくしていくというものだ。境内には熊手売りが数軒でており、大きいものを売っている。商売繁盛・事業繁栄を祈念しての3本締めの声が響いていた。

Otorisama1
お参りを終えて、大鳥神社近くの和菓子屋に寄る。この時にしか出ないという、「切山椒」と「大酉福餅」を買った。「切山椒」は山椒の粉を混ぜ込んだ「すあま」のようなもの。素朴な味だが、ぴりっと辛さが残る。「大酉福餅」はあんころ餅。

Kirisansyo_2

写真は、今年買った熊手。昨年と同じ大きさ。うちも景気回復・商売繁盛・事業繁栄を成就させたいところだ。より大きい熊手が買えるように。

Kumade_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座でぶらぶら

今日は、日本橋高島屋で、草月いけばな展「花想い」を観て来た。奥さんが草月流のいけばなをやっているのだ。草月のいけばなはモダンで斬新な作品が多い。デパートとかブティックのショーウインドウを飾るような作品もある。たしかに花なのだが、いろいろな素材を使っての総合芸術といっていいだろう。こういうのを見ていると自分でもやってみたい気がする。そのまま歩いて、銀座へ。文房具の伊東屋に入る。「RED CLIP SELECTION vol.1」という商品カタログが目について、思わず買ってしまった。文房具好きにはたまらない。4時ぐらいになってしまったのだが、昼食をとる。東銀座のナイルレストランというインドカレーのお店に入った。テレビで中村勘三郎が紹介していたお店だ。定番メニューというムルギーランチ(鶏のインドカレー;1,400円)を注文した。煮込んだ骨付き鶏のもも肉を目の前でさばいてカレーに混ぜ込んでくれる。スパイシーでさらっとしたカレーだ。心地よいというのか後にひかない辛さで美味かった。イエローライスとマッシュポテト、茹でたキャベツの盛りつけと一緒に食べた。その後、銀座のApple storeで、新しいMac OS X 10.5 Leopardを体験。マロニエゲート(銀座ハンズ)、有楽町のイトシアと、最近できた銀座の新名所にも足を運んでみた。イトシアのespressamente illyでエスプレッソと、マシュマロを進化させたという「レアギモーヴ」というスイーツを食べた。「レアギモーヴ」はまさしくマシュマロで、中にクリームが入っている。バジル、エスプレッソ、カスタード、カプチーノを食べた(1個200〜250円)。4つの中ではバジルが美味かったかな。エスプレッソコーヒーは、専門店だけあってこれも美味。

Reagimo_2

近くには長蛇の列ができていた。1時間半だそうだ。ドーナツ屋の客が並んでいるのである。ドーナツに並ぶなんて信じられない、と思ってしまった(ドーナッているの?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

炊飯器を買う

炊飯器が壊れてしまってすいぶん経っていたのだが、ようやく買えた。最近は圧力釜タイプとスチームタイプに分けられるようだ。圧力釜タイプはどうしても米がつぶれてしまうという欠点があるらしい。今回うちでは、ナショナルのスチームタイプを購入した。 結構高かったのだが、インターネットで調べて、最安値で売っている店で購入した。早速、今日の夕食から、この炊飯器で米を炊いてみた。ご飯の粒々が光っていて、おいしく炊けていた。ひとまず、この炊飯器は正解だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

野沢温泉でスキー国体

平成20年冬の国体は長野県で開催され、スキー競技は野沢温泉で行われる。
野沢温泉村はスキーのメッカと言っていいだろう(私たちはスキーはしないのだが...)。野沢温泉は、私たちの好きな温泉地のひとつだ。
たまたま、野沢温泉村の観光公式HPを見てみたら(実は、温泉に行きたいのだが...)、国体のバナーを自由に使えるらしいので、ページに貼ってみました。
この冬は、国体でも観に行ってみるかな...。
11854097742th_3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 6日 (火)

ネコは端に落ち着く

ネコは、端っこで落ち着くようだ。

Neko_kado_6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーヒーメーカーを買う

毎朝、コーヒーを淹れて、サーモボトルに入れて会社に持って行っている。
コーヒーメーカーが壊れてしまい、新しいコーヒーメーカーを発注している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

こたつを出す

だいぶ寒くなってきて、今日は奥さんがこたつを出してくれた。
床暖房も今朝から入れてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

ボンタンアメ

「ボンタンアメ」である。先日、新宿発の帰りの京王線にたまたま乗り合わせたおっさんが、キオスクで買ったと思われるボンタンアメを、むしゃむしゃと食べていた。それを見ていて、無性に食べたくなってしまった。次の日、キオスクで買った。14粒入りで105円。クラシカルなデザインのパッケージ、グミのようなソフトキャンディの食感。腹持ちもいいみたい。久しぶりに食べてみて、案外うまかった。JRキオスクのベストセラーらしい。


Bontan

| | コメント (1) | トラックバック (0)

花展

今日は、奥さんが通っている華道教室が開催する展覧会「花展」があった。昨日、生け込みがあり、今日は展示だった。小学2年生の甥に、社会勉強としつけの一環で華道を習わせている。彼も作品を展示した。
Hana
写真は甥の作品。流木で作ったはしごを中心に、庭に咲いていた花を生けている。しかし、実際のところ、もう少しのところで集中力が途切れてしまい、仕上げは母親(奥さんの妹)と伯母(奥さん)でまとめたとのこと。でも、最初にしては、よくできていると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

明大前でラーメン

久しぶりに演劇を観に行ったのだが、京王線・明大前は初めて降りた街だ。駅前の商店街をぐるっと一回りしてみた。一風堂というラーメン店が目について、夕食にラーメンを食べた。豚骨スープの博多ラーメンだった。
Aka_2
私が注文したのは「赤丸新味・全部乗せ」。全部乗せは、トッピングを全部乗せている。海苔、ネギ、半熟煮卵、チャーシューなど。ついでに替え玉まで注文、細麺でやや固めの麺だ。こってりして旨かった。丸ごとのニンニクが置いてあって、ニンニク潰し器でつぶしていれた。おつまみに、もやしの和え物(ナムル?)と、高菜漬けなどが置いてあって、それもいただいた。ナムルはうまかったな。それだけでご飯が食べられそう。
Shiro
奥さんが注文した「白丸元味・全部乗せ」。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

演劇を観にいく

今日は、知り合いの俳優さんが参加している「ダブルエッジ」という演劇ユニットのお芝居を観に行った。
「ダブルエッジの忠臣蔵! 2007」というお芝居だ。京王線・明大前の小劇場「キッド・アイラック・ホール」には開演時刻19時の少し前に着いた。チケットを買う。ワンドリンクと、名前入りの襟を渡された。Tomimori_2私のには、「浅野内匠頭家来 冨森助右衛門正因」と書かれてあり、一緒に小さい槍を渡された。奥さんのには「浅野内匠頭家来 近松勘六行重」と書いてあった。出演者2名で忠臣蔵の物語を演じるもので、四十七士に足りない分を、観客に参加してもらうというものなのだ。つまり私には、冨森助右衛門正因の役が、奥さんには近松勘六行重の役が割り当てられたのだ。上演中は、この名前入りのエリを首にかけておいて下さい。劇中で名前を呼ばれることがありますので、その時は恥ずかしがらずに返事をしてください。とパンフレットに書いてあった。Chikamatsu
芝居は、討ち入りを果たした大石内蔵助の苦悩を回想する二人芝居だ。本当は討ち入りなどしたくはなかった内蔵助が、討ち入りのリーダーに祭りあげられていく苦悩を描いている。劇中に評定の場面があって、会場に集まった観客が参加するのである。冨森助右衛門正因は、吉良邸での戦闘では屋内での戦いが主体になると考え、九尺の短槍を考案しました、と、「冨森助右衛門正因」の名前が呼ばれ、私が返事をし、短槍をご城代(大石内蔵助)に渡すという”役を演じた”。約1時間半のお芝居はあっという間に終わってしまったが、面白かった。舞台セットは変わらなくても場面が変わると言う、小劇場ならではのおもしろさもあった。熱演のお二人お疲れ様でした。

Double_edge
写真は出演のお二人、左は田辺日太さん、右は森一さん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

今日のiPod(2007.11.02)

今日は、高崎に出張していた。高崎の事業所に実験用の装置を見せてもらいにいった。
久しぶりに、「今日のiPod」。
1 The Boy Who Wouldn't Hoe Corn Alison Krauss & Union Station Live
2 (Wanna Get To Know You) That Good! Shania Twain Up! (Red Disc)
3 あたしなんで抱きしめたいんだろう? Chara THE BEST - Baby Baby Baby xxx
4 Tu Eres El Hombre Orquesta De La Luz Salsa Caliente Del Japon(デ・ラ・ルス)
5 A Home Dixie Chicks Top Of the World Tour-Live [Disc 2]
6 Lamento (No Morro) [Featuring Maogani Quartet] Sergio Mendes & Maogani Quartet Timeless (タイムレス)
7 DRIVEに連れてって 今井美樹 PRIDE
8 VOYAGER~日付のない墓標~ 松任谷由実 Neue Musik [Disc 2]
9 港 松田幸一 坂庭省悟トリビュート やくそく
10 When God Dips His Pen of Love In My Heart Alison Krauss Now That I've Found You
11 I Don't Believe You've Met My Baby Alison Krauss Now That I've Found You
12 返事はいらない 荒井由実 Yumi Arai The Concert with old Friends
13 Top Of The World Dixie Chicks Top Of the World Tour-Live [Disc 2]
14 Rave On The Nitty Gritty Dirt Band Uncle Charlie & His Dog Teddy
15 The Captain And Me The Doobie Brothers The Captain And Me
16 いや Chara CHARA BEST ALBUM BABY BABY BABY×××
17 I Believe In Love Dixie Chicks Home
18 Prodigal's Return The Nitty Gritty Dirt Band Uncle Charlie & His Dog Teddy
19 悪いうわさ 甲斐バンド SECRET GIG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

新潟出張

今日は、新潟に出張だった。小千谷市にある某社工場に、打ち合わせと工場見学に行ったのだ。われわれが購入している、ある製品について、若干の改善依頼と製造工程を見学させていただいた。しっかりした会社で、技術力もある。工場の5Sもきちんとしているし、QCもしっかりしている。工場内のいろいろな改善活動や、工程管理のあれこれを質問させていただいたが、きちん答えていただいた。いろいろ収穫があった。うちはまだまだだな、もっと工場の力、品質、技術力をつけないといけないなと感じた。昼食に、小千谷名物のへぎそばをごちそうになった。「へぎ」という長さ50cm×幅20cmくらいのせいろのような器に、蕎麦が一口分に小分けして盛ってあるのが「へぎそば」だ。食感はつるつるしこしことしていて、普通の蕎麦とはちょっと違う感じだ。うす青い、緑色をしている。ふのりをつなぎに使用しているということだ。薬味にねぎ、わさび、カラシがついていた。カラシってちょっと変だな、と思いながら、最後の蕎麦には、つゆに溶かして食べてみた。結構辛かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »