« お彼岸 | トップページ | 涼しい »

2007年9月22日 (土)

浦和でひと休み

夏バテの体にご苦労さん、ということで、お墓参りからの帰路の途中、浦和で鰻を食べた。浦和の山崎屋さんは老舗の鰻屋だ。江戸後期の浦和宿の資料には鰻屋として店を出していることが確認できているが、いつから鰻屋を始めたかはわからないそうだ。夕方4時頃、お店に着いてしまったが、夜は5時から。近くで少しお茶でも飲んで、時間をつぶした。そして、これも老舗という奈良漬けの「酒井甚四郎商店」を覗いてみる。店員さんが勧めてくれるサンプルの奈良漬けをいただき、たくさん買ってしまった。「刻み奈良漬」と、「浦和漬」という諸味漬け、夏季限定の「梅の奈良漬」を買った。奈良漬けというのは、今まではほとんど食べたことがなかったが、この奈良漬けは美味しかった。
5時を少し過ぎて、山崎屋さんへ。下駄箱に靴を入れる。下駄箱には国名と国旗が目印に描いてあるのは面白い。ちなみに私は「アイルランド」の下駄箱に入れた。2,100円の鰻重を注文。父は肝焼をつまみにビールを頼んだ(さらに鰻重、その後、お銚子も頼んだ)。鰻は柔らかくて、とろけるよう。香ばしく焼けていて、美味しかった。満足できた。
店のすぐ前に、Jリーグサッカーの浦和レッズのオフィシャルショップがあって、覗いてみた。結構、かっこいいのがあるのね。

|

« お彼岸 | トップページ | 涼しい »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186101/16548956

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和でひと休み:

« お彼岸 | トップページ | 涼しい »