« 豚肉のレンジ蒸し | トップページ | ギックリ腰か? »

2007年9月 5日 (水)

古墳時代に猫?

兵庫・見野古墳群 猫の足跡が付いた須恵器発見

 兵庫県姫路市の市埋蔵文化財センターは31日、同市四郷町の見野(みの)古墳群(6世紀末〜7世紀中ごろ)の横穴式石室から、猫のものとみられる足跡が付いた須恵器=写真=が見つかったと発表した。副葬品に動物の足跡が残るのは極めて珍しい。

 共同調査する立命館大の学生が杯身(つきみ)と呼ばれる食器(直径15センチ)の内側に、白く丸い肉球らしき跡が五つ並んでいるのを発見した。

 センターの担当者は「器を焼く直前に偶然、動物の足が付いたと思われる。埋葬当時は気付かなかったのでは」と指摘。地元の同古墳群保存会メンバーからは「猫好きの権力者のために作ったのかも」との声も。

(2007年09月01日 読売新聞)


古墳時代に既に猫がいたらしい。
猫は、奈良時代の後半に日本に渡ってきたという通説があったが、歴史的な発見か?
引用したサイトの記事には、肉球らしき跡がついた器の写真が掲載されている。ほんとうかなぁ? やけにくっきりついているのだが。
好奇心旺盛な猫ちゃんが、並んだ器の間をすりぬけるように歩いていて、つい足をついてしまった、というのだろうか。

|

« 豚肉のレンジ蒸し | トップページ | ギックリ腰か? »

「ニュース」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186101/16346320

この記事へのトラックバック一覧です: 古墳時代に猫?:

« 豚肉のレンジ蒸し | トップページ | ギックリ腰か? »