« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

iSightのスタンド

昨日、今日と2日間、雨の週末だった。
東京はとても肌寒く、一気に冬になったみたい。家でごろごろしていた。たまった新聞を片付けたりと、のんびりと言えばのんびり過ごした。
今日は、AppleのWebカメラiSightのスタンドを作ってみた。
Isight_stand

私が持っているiSightは、古いタイプ(M8817J/A)なので、iMac/G5に取り付けるには、スタンドを本体の裏面に両面テープで貼り付けるようになっている。その後に出たタイプは、マグネットスタンドになっていて、iMacのトップに磁力で設置するようになっている。非常にスマートだ。両面テープで貼り付けるというのはいまいちだなぁ、と以前から思っていて、スタンドになるものを探していたのだ。今回、試作してみたのは、フィルムのケースを加工したものだ。フィルムケースを逆さにして、底にiSightカメラの軸を取り付けるための穴をあける。カッターで長円をあけた。サイドに、コードを通すために穴をあけ、ふたの部分に円形の磁石を貼り付けた。即席だが、自作の「マグネットスタンド」のできあがり。iMac/G5の上に取り付けてみたが、まずまずの出来映えだ。
Isight_stand2

もう少し低くてもいいかもしれないが、まあ、とりあえずこれで良しとしよう。
iSightは買ってはみたが、iChatってやったことがないのだ。一度はやってみたいものだ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

今晩は満月

今日は満月だ。
会社からの帰宅途中、明るい月が出ているのが見えた。
ちょっと寒々として、澄んだ秋の空だ。
帰宅して、2階のベランダから写真を撮ってみた。
雲が出ていてちょっと残念だったが。
Fullmoon
KONIKA MINOLTA DiMAGE X50

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

中秋の名月

今日、9月25日は「中秋の名月」。
空には明るい月が見えています。でも満月ではないんですね。
満月は明後日9月27日になります。
「必ずしも満月ではない」のですね。
改めて知りました。


「AstroArts 星空ガイド 特集 月を見よう」より

地球から一番近いところにある身近な天体、月。その模様をウサギに見立てるなど、古くから人々に親しまれています。とくに天保暦(いわゆる旧暦)8月15日の月は「中秋の名月」として有名で、供え物をしてお月見をする習慣があります。
2007年は9月25日が「中秋の名月」。実は暦の関係で、中秋の名月は必ずしも満月になるとは限りません。今年の中秋の名月は、満月を迎える2日前で、やや欠けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

同窓会

今日は、旧職場の同窓会があって、7人のメンバーが集まった。以前、私は会社の研究所に勤務していたのだが、その頃に同じ仕事に関わった有志、またはその関係者で、同窓会と称して、年に2回、少なくとも7、8年は続いている会だ。開催のパターンはこんな感じだ。転職して今は外資系のメーカーに勤務するT氏が、淋しくなってくると、そろそろやりませんか?と、お誘いのメールをみんなに送る。そのときの幹事が、メンバーのスケジュールを調整し、会の場所を設定する。今回の幹事は、われわれ夫婦になっており、韓国家庭料理の店を予約していた。 5時スタートで約2時間。家庭料理コース+αと、ドリンクを注文して(メンバーはあまりお酒は飲まない)一人4,000円。お腹いっぱいになった。韓国料理は初めてという人もいたが、喜んで食べてくれて、おおむね好評だった。連休最終日だからお店も空いているかと思っていたが、30人くらい入る店内は満員だった。

その後、カラオケに行った。みんな中年のおじさん、おばさんなので、新しい曲なんて誰も歌わない(歌えない)のだが、2時間たっぷり、カラオケをやった。こういうときに、持ちネタでもあるといいのだが、あいにく持っていないのがつらいところだ。スピッツを歌ったが、キーが高すぎていまいちだし、微妙に古くて共感が得られなかった。
奥さんが、水曜どうでしょうのテーマ曲「1/6の夢旅人2002」を歌ったが、誰も知らないみたいで、これもいまいちだった。でもこの歌はいい曲だと思う。歌いやすいし、詞も前向きで元気が出る。応援歌だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

珈琲工房

美味しい珈琲が飲みたいね。ということで、夕方、車を走らせていた。そう言えば、と思って、八王子・みなみ野の珈琲店に立ち寄った。今まで、店の前を車で通りすぎたことは何度かあったが、入ったのは初めて、何の事前情報も持っていなかった。明るい店内の奥の壁にはJBLの大型スピーカー、高級アンプ。JAZZの女性ボーカルの柔らかくて艶のある歌声が、静かに流れている。厨房は、カウンターとほぼ同じくらいの高さで、マスターが珈琲を淹れている。メニューにはブレンドが各種、ストレートが各種。ブレンドは、220Hz、440Hz、880Hz...、と周波数?で示している。店の名前といい、凝ったオーディオといい、ブレンドの名前といい、すごい趣味性を感じる。440HzといえばAの音じゃないか。私は440Hz、奥さんは880Hzを注文した。440Hzブレンドは、お店の標準なのだろうか。沸かしたお湯を少しさまして、細い口の珈琲用ヤカンにお湯を移す。見ているのはデジタル温度計、厨房にあるのは道具は、キッチン用品というより、実験室系の道具を思わせるツールが使われている。ペーパーフィルタに珈琲を入れ、時間を計って蒸らし、珈琲を抽出する。ちょっと温度は低くしてある。焙煎は深めだ。珈琲は美味しかった。珈琲を淹れてもらう間の時間、珈琲を飲んでいる時間、飲み終わって余韻を楽しむ時間、こういうのはいいなぁと感じた。
LPレコードが数枚積んであり、その一番手前にはヘレンメリルの「ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン」があった。 ハスキーなボーカルをJBLのシステムで聴いてみたい気がする。また、スピーカーの上には、キースジャレットの「ザ・ケルン・コンサート」が立てかけてあった。NHKと書いてあるマイクロフォンが置いてあったり、Canonのクラシカルなコンパクトカメラがあったり、と小物好きの心をくすぐるアイテムがディスプレイされてある。気になるお店がまたひとつ増えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

供養祭

ペット霊園で供養祭が行われた。3月に亡くなったQちゃんのご供養だ。会場の霊園には、50人くらいが参列し、坊さんの読経とお焼香が行われた。読経の途中、「〜家、愛猫キュウの霊」と、亡くなったペットの名前が読み上げられる。ペットの名前だと、想像できないような、つい笑ってしまいそうな名前がありそうだけど....と、つい不謹慎なことを考えてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼しい

昨日までの暑さが嘘のように、今日は涼しかった。
朝11時まで熟睡していた。
一日中何となく頭が痛い感じだ。寝過ぎかと思っていたが、風邪ひいたかも。
温度サイクル試験のような天気じゃ、体調も崩れるわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

浦和でひと休み

夏バテの体にご苦労さん、ということで、お墓参りからの帰路の途中、浦和で鰻を食べた。浦和の山崎屋さんは老舗の鰻屋だ。江戸後期の浦和宿の資料には鰻屋として店を出していることが確認できているが、いつから鰻屋を始めたかはわからないそうだ。夕方4時頃、お店に着いてしまったが、夜は5時から。近くで少しお茶でも飲んで、時間をつぶした。そして、これも老舗という奈良漬けの「酒井甚四郎商店」を覗いてみる。店員さんが勧めてくれるサンプルの奈良漬けをいただき、たくさん買ってしまった。「刻み奈良漬」と、「浦和漬」という諸味漬け、夏季限定の「梅の奈良漬」を買った。奈良漬けというのは、今まではほとんど食べたことがなかったが、この奈良漬けは美味しかった。
5時を少し過ぎて、山崎屋さんへ。下駄箱に靴を入れる。下駄箱には国名と国旗が目印に描いてあるのは面白い。ちなみに私は「アイルランド」の下駄箱に入れた。2,100円の鰻重を注文。父は肝焼をつまみにビールを頼んだ(さらに鰻重、その後、お銚子も頼んだ)。鰻は柔らかくて、とろけるよう。香ばしく焼けていて、美味しかった。満足できた。
店のすぐ前に、Jリーグサッカーの浦和レッズのオフィシャルショップがあって、覗いてみた。結構、かっこいいのがあるのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お彼岸

今日から3連休。お彼岸だ。
埼玉県の越谷市まで、お墓参りに行った。
うちを9時頃でて、実家で父母をピックアップ、越谷のお墓には13時すぎに着いた。掃除などをしていると、しばらくして、横浜の叔父、市川の伯母・叔母が一緒に到着。
お墓参りはほとんど欠かしていないのだが、お墓参りで会うのはあまりなかった。伯母さんも体調を崩されていた時期があって、実際会うのも久しぶりだった。1時間半くらいおしゃべりをして、別れた。もうみんな高齢なんだし、会う機会は重要だと思う。お互い励みになるし。
それにしても、今日は暑かった。車も多かったし、結構疲れた。
暑さ寒さも彼岸までという。天気予報では、暑い夏も今日で終わりとのこと。少しは過ごしやすくなるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

ねこ鍋

最近、ネット上で「ねこ鍋」というのが流行っているらしい。
動画共有サイトに投稿された動画作品のことで、空の土鍋を置いておくと、猫が入ってすっかり寛いで休んでいるというもの。NHKテレビでも紹介された。
うちのハンヌくんも狭い箱に詰まっていることがよくある。彼は、桃の箱がお気に入りだ。土鍋に入ったことはないが、体が大きすぎては入れないかも。家の中でもっとも風通しが良くて涼しい場所というのをハンヌくんは知っているから、この残暑厳しい中、ひんやり冷たい土鍋が置いてあったら、入ってくれそうだ。今度やってみようかな。
Youtubeにアップされた「ねこ鍋」。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月15日 (土)

Weather Report

最近、新聞をまとめて読むことが多く、すいぶん後になってニュースを知ったりすることがある。9月12日の新聞を今頃読んでいて、目に留まった記事だ。

「ウェザー・リポート」のジョー・ザビヌル氏が死去
 ジョー・ザビヌル氏(世界的ジャズ・キーボード奏者)オーストリア通信によると、11日ウィーン市内の病院で死去、75歳。皮膚がんなどを患っていた。
 ピアノを学び、ジャズの世界を目指して1959年に渡米。70年にサックス奏者のウェイン・ショーターらと「ウェザー・リポート」を結成、その後加入したベース奏者のジャコ・パストリアスらとともに70、80年代に活躍した。電子楽器を用いたジャズで知られ、名曲「バードランド」などのヒット曲を生んだ。
 「ジャズの帝王」マイルス・デイビスとも活動。「ウェザー・リポート」解散後も活発に活動を続け、たびたび来日した。(ウィーン=共同)〜日経ネットの記事より。
 
高校から大学のころ、フュージョンとかクロスオーバー、JAZZといった曲をよく聴いていた。ウェザー・リポートもそのひとつだ。上の記事にも紹介されている彼らの名曲「バードランド」は、JAZZコーラスグループのマンハッタントランスファーもカバーしている。私の場合、最初に聴いたのはマンハッタントランスファーのカバー曲の方だったと思う。今日になって、1977年に発表された彼らのアルバム「Heavy Weather」を聴いてみた。これには「バードランド」も収録されている。「バードランド」は、スピード感があってメロディアス、前衛的なエレクトリックJAZZというより、ずっと親しみやすい感じだ。今聴いても全く古さを感じない。ザビヌル氏のご冥福をお祈りする。

それにしても、このCDジャケットは奇抜なデザインだ。帽子の下に黒い雲がかかってその中が大荒れの天気ということなのだろう。稲妻が光っていて、上からはモクモクと煙が立ち上り...、かと思えばメープルの葉が風に舞っていたりと、何とも評しがたいデザインだ。
マンハッタントランスファーによるカバーバージョンは、例えばベスト盤で聴ける。私が持っているのは列車のイラストがかっこいいジャケットの別のベスト盤(amazonのサイトにはジャケット写真データがなかった)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のiPod(2007.9.15)

久しぶりに、「今日(昨日)のiPod」を紹介しよう。
昨年の夏にデパートの福引きでもらった「iPod nano(2GB)」を最近は携帯している。これには、最近追加した曲やレートが高い曲ばかりが入っているので、だいぶ偏った選曲になっている。

1 Truth No. 2 Dixie Chicks Home(ホーム
2 There Is A Reason Alison Krauss & Union Station So Long So Wrong
3 Wouldn't Be So Bad Alison Krauss & Union Station Lonely Runs Both Ways
4 Twin Mando Medley 1 坂庭省悟&宮崎勝之 Battle One
5 The River Sings Enya Amarantine
6 Livin' Without You / Clinch Mountian Backstep The Nitty Gritty Dirt Band Uncle Charlie & His Dog Teddy
7 Across The Great Divide Nanci Griffith Other Voices, Other Rooms
8 スピーチ・バルーン 大滝詠一 A LONG VACATION 20th Anniversary Edition
9 This Sad Song Alison Krauss & Union Station Lonely Runs Both Ways
この間、弟に会ったとき、彼のiPodには、TOEIC対策の英語の教材を入れていて、それを聴いていると言っていた。英語もやらないとなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Zaurus 無線LANカード

Zaurus用に無線LANカード「PLANEX社製CF型無線LANカードGW-CF11X」を購入。これもオークションで\6,000円だった。
ここまででできていることは、
1) Windows XP のGateway GT4014jにザウルス用のソフトをインストール
2)Zaurusと接続して、ソフトをインストール
3)ザウルスサポートステーションから、GW-CF11X対応ソフトをダウンロードしてインストール。
Zaurusにカードを挿入したところ、電源が入って接続の動作をしている。正常に動くようだ。このカードではWEP暗号化ができるようだが、家の無線LANとは暗号化方式が違うので家のLANには入れないのだろう(と思う)。ホットスポットも私の周囲にはないし。PHS接続など別の手段を考えねばならない。まだまだ、道は遠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

blogデザイン変更2

blogのデザインを替えてみた。
アースカラーの配色です。
amazonインスタントストアのカラーリングを参考にしました。
また、一部の配色は「Mariのいろえんぴつ」を参考にさせていただきました。だいぶ落ち着いた感じにできていると思っています。
Marimari88_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

味噌(蔵出し)

今日は奥さんが、トランクルームから味噌を出してきた。
これは、昨年の冬に仕込んだ味噌なので1年半熟成されたものだ。
夕食のシジミの味噌汁が、いつもと違う、赤だし味噌汁になっていた。器にとった味噌は本当に赤だしのように濃い色をしていた。熟成が進んだからなのだろうか。
シジミの味噌汁にぴったりの味噌になっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

Zaurus SL-C860

オークションで、SharpのZaurus SL-C860、いわゆる、”リナザウ”を落札した。ウイルコムのアドエス、AppleのiPhoneなど、魅力的なデジタルグッズが出てきている中ではあるが、元祖PDA、手のひらLinuxPCの本機もまだまだ楽しめそうだ。現行モデルは高価だが、このモデルは中古・オークションでの価格もだいぶ手頃になっている。Linuxはしきいが高く、なかなか難しそうだが、うまく使いこなしたい。まずは、情報収集かな。いろんなサイトを読んで研究しなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

外国からのアクセス

blogのアクセス解析を見ていて、最近の数日、スペインとフィンランドのgoogleから検索してきて、このblogを見に来ている人が少なくとも3人いて、驚いてしまった。
9/6に亡くなった、世界3大テノールの一人、パバロッティ氏について検索していて、このblogに来ているのである。「今日のiPod」で私が持っている「パヴァロッティ&フレンズ1998~リベリアの子供たちのために」の曲を紹介していることから、このページにたどり着いているようだ。フィンランド、スペインから見に来た方々は、私のページを見てどう思ったのだろうか。他のページも見てくれたらよかったのにな。全て英語でblogを書いたらどうだろうか。とカミさんと冗談を言っていたが、大変だけど面白いかも...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

竹とんぼ

北陸のおみやげだったか、物産展だったかで買った、「鱒ずし」。そのフタを押さえるのに使っている竹の板をとってあった。いつか竹とんぼでも作ってみようと思っていたからだ。今日、甥の誕生日会をすると、午後になって言ってきたので、作ってみた。ちょっと難しかった。間に合わなかった。

【2007.9.9 追記】出来損ないの竹とんぼだが、ハンヌくんが異常に興味を示している。飛ばしてみると、追いかけ回している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピグリン

以前、SuntoryのDAKARAのCMが面白い。と書いたが、PETボトルのDAKARAに、ピグリンのおまけが付いてくるキャンペーンをやっていたようだ。6種類あって、最近になってようやく手に入った。

Pigrin6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPod新製品出た!

Appleから、iPodの新製品群が出ました。
驚きは、iPod touch。「電話なしiPhone」とでも言おうか。ワイドなディスプレイ、指でなぞっての操作、無線LANで接続して、Webブラウズ、iTunesからのダウンロードも可能だ。 iPhoneはどのキャリアから出るのかと思っていたら、電話なしで上陸というところだ。欲しいぞ。

普通のiPod。これはiPod classicとネーミングされたが、これにも驚き。
「音楽、写真、ビデオ、ポッドキャストおよびゲームの全コレクション
(楽曲にして最大40,000曲、ビデオなら最大200時間)を保存できる
80GBまたは160GBの記憶容量のiPodです。」
このサイズで160GBって、何? わが家のiMacG5のHDは150GBだぞ。

その他の機種も、アップルのサイトへはこちらから....
Apple Store(Japan)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 6日 (木)

ギックリ腰か?

昨日の朝から、軽いギックリ腰のような状態である。腰が痛い。
通勤鞄は、ノートPC、弁当、水筒、着替えなどを詰め込むと結構な重さになってしまうのだが、たまたま、
椅子に腰掛け、膝の上にこの重い鞄を乗せて、ふっと息を吐いたとたんに、くしゃみが出てしまった。
太ももが固定されたような状態で結構大きなくしゃみをしたからか、腰に変な力が加わったみたいだ。抜けたみたいになって、すごく違和感がある。痛いし。こんなのは初めてかもしれない。
よく、動けないほど痛い、と聞くが、それほどではないようだ。
腰が変だと、肩や首筋、足まで変な感じだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

古墳時代に猫?

兵庫・見野古墳群 猫の足跡が付いた須恵器発見

 兵庫県姫路市の市埋蔵文化財センターは31日、同市四郷町の見野(みの)古墳群(6世紀末〜7世紀中ごろ)の横穴式石室から、猫のものとみられる足跡が付いた須恵器=写真=が見つかったと発表した。副葬品に動物の足跡が残るのは極めて珍しい。

 共同調査する立命館大の学生が杯身(つきみ)と呼ばれる食器(直径15センチ)の内側に、白く丸い肉球らしき跡が五つ並んでいるのを発見した。

 センターの担当者は「器を焼く直前に偶然、動物の足が付いたと思われる。埋葬当時は気付かなかったのでは」と指摘。地元の同古墳群保存会メンバーからは「猫好きの権力者のために作ったのかも」との声も。

(2007年09月01日 読売新聞)


古墳時代に既に猫がいたらしい。
猫は、奈良時代の後半に日本に渡ってきたという通説があったが、歴史的な発見か?
引用したサイトの記事には、肉球らしき跡がついた器の写真が掲載されている。ほんとうかなぁ? やけにくっきりついているのだが。
好奇心旺盛な猫ちゃんが、並んだ器の間をすりぬけるように歩いていて、つい足をついてしまった、というのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

豚肉のレンジ蒸し

今日の夕食は、久しぶりに私が作った。
日本経済新聞の土曜版「NIKKEIプラス1」に、「かんたん美味」という記事が連載されている。
7月末に紹介されていた「豚肉のレンジ蒸し」という料理をおかずに作った。気になっていた記事だったので、切り抜いておいたものだ。
材料は、豚肉の薄切り、ねぎ、しょうが、梅干し、砂糖、醤油、酒、ごま油、もやし
作り方は簡単。
1)ボウルに砂糖、醤油、酒、ごま油、しょうがのせん切り、刻んだ梅干しの果肉とを混ぜ合わせる。
2)1)に適当な大きさに切った豚の薄切り肉を入れて揉み込む。
3)耐熱性の皿にもやしを広げ、2)を乗せ、斜めに薄切りにしたネギを散らす。ラップをかけ、電子レンジで5~7
分ほど加熱してできあがり。
10分くらいでできてしまった。美味しかった。
梅味でさっぱり。夏の料理だ。食欲もそそる。お肉にも味が良くしみ込んでいるし、もやしにも味がついて食べやすい。何と言っても、しゃきしゃき感があってうまかった。
作りおいてあった煮豆とがんもどきの煮物、ワカメスープで、十分な夕ご飯になった。
写真に撮っておけばよかったな。

さて、「かんたん美味」の連載は、単行本にまとめられかんたん美味 3 (3)として出版された。一冊持っていてもいいかな、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

動物病院

今日は、ハンヌくんを行きつけの動物病院に連れて行った。
フィラリアの薬をもらいに行くのと、健康診断のためだ。
いつもは奥さんが連れて行き、私はクルマに乗せていくだけなのだが、今日は私だけで連れて行った。
ハンヌくんは相当の内弁慶で、ハーネスとキャリアバッグを見ただけで、身の危険を察知して隠れてしまう。
やっとの思いで捕まえて、キャリアに入れる。もうびびってしまい、にゃーとも言わない。
行きつけの動物病院は、評判がいいのか、いつも一杯だ。診てくれる獣医師も数人いて、3つの診察室で診察している。犬の方が多いかな。今日もキャリアバックの中を黒いラブラドールレトリーバーが好奇心一杯でのぞき込んでいた。ハンヌくんはもうびびってしまい、バッグの底の敷物の下にもぐり込んで。小さくなっていた。ニャーとも言わない。30分くらい待って、ハンヌの番が来た。今日は男性の獣医師だ。まず体重を測定する。
6.45kg、おい、増えているじゃないか。6月初めに来たときは6.0kgだったのに...。
聴診器を当てて、心音などを調べる。心拍数が高い、と前回言われたが、動物病院は相当ストレスらしく、心拍数も上がってしまうのだろう。特に雑音などもないし、問題ないだろう。普段の様子も特に変わったことはないと答えた。爪をみて、いつも切ってあげているので問題なし。普通の猫は簡単に爪を見させてはくれない、とのこと。ハンヌくんは素直に手足をだしてくれる。この子は温厚な子ですね、と獣医さんが言う。が、もうされるがまま状態なのだ。耳垢を掃除して、膀胱を触診。特に問題なし。ハンヌは小さいときに尿管結石になっていたので、それも今は問題ないようだ。
最近、そのダイエットフードも飽きてきているのか、食べ散らかしたりしているので、別のものを処方してもらおうと思っていたのだが、体重も増えてしまっているので、そのダイエットフードでしばらく我慢してもらいましょう。と言われた。きっと美味しくないであろうダイエットフードを1日0.7カップしか食べていないのに、体重が増えてしまうなんて、ちょっとかわいそう。
ロシアンブルーは4kg台ぐらいが普通だという。去勢手術をしているので、体重が増えやすいのだが、太りすぎだ。彼の健康のためにも、何とかダイエットさせてあげたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »