« ノルディックスキー世界選手権 | トップページ | ノルディックスキー世界選手権(LH個人戦) »

2007年2月25日 (日)

旭山動物園

北海道2日目。今日は、旭川市の旭山動物園へ行く。今日の移動はレンタカー。インターネットなどでいろいろ調べたが、HIS(エイチアイエス)の今回のツアーにオプションとして追加するのが一番安かった。神戸の友人を交えて3人で割り勘にしているので、かなり割安である。ジャパレンのレンタカーで、車種は日産ラティオ。1日借りて3900円だった(カーナビつき)。
12時前に旭山動物園に到着した。入園料は580円。園内の掲示板に、「ペンギンの散歩」は、11:00〜と、14:30〜とあった。 ちょっと遅かったか。気を取り直して、ペンギン館へ、透明のパイプを通って水槽の中をくぐる。上をペンギンが泳ぐ。泳ぐというより、まさに羽を使って「飛んでいる」。水の中は実に軽快である。ペンギン館外のペンギンも愛嬌があってかわいい。人との間に柵はあるが、とても近い。ペンギンもとても人間に興味をもっているのか、ずいぶん近くまで寄ってくる。
続いて「アザラシ館」、これも有名だ。われわれが立っているフロアの下から、上に向かって透明なパイプが通っており、そこをアザラシがくぐって上に向かって泳いでいき、水面にあがる。すーっとスムーズに上がっていく様子は迫力もあるし、海の中は身軽なんだとつくづく思った。パイプで隔てられてはいるが、やはり距離が近いと思う。アザラシも人なつこいのか、水面から顔を出し、ずいぶん近くまで寄ってくる。ホッキョクグマ館もおかしかった。あの巨体のホッキョクグマが雪の山から仰向けになって滑り降りてくる。遊んでいるのである(たぶん...)。また、水中にダイブしたり、イナバウワーのようにのけぞってみせたりとずいぶんサービスしてくれた。
オランウータン館、チンパンジー館と、動物を間近に観られて、その自然な動きを楽しめるような、工夫が素晴らしい。また、館内の随所に描いてあるイラストやコメントがとてもかわいいし、手作り感がある。暖かみを感じる展示だ。
13時過ぎに館内のレストランで食事をとった。ちょうど混雑していて、ちょっと待ったが、待った甲斐があったかな。料理はセルフサービスだが、プレートに好きな料理を3点から4点選ぶ。料理は北海道産の食材を使ったもので、それぞれ結構美味しかった。ご飯あるいはパンと、スープ、サラダがついて1200円。テーマパークとかの食事ではロクなものが出てこないというのイメージがあるが、ここの食事は十分満足できるものだった。
そうこうしているうちに、14時30分。「ペンギンの散歩」コースに向かうと既に黒山の人だかりになっており、コースは人で埋まっていた。スタンバっていると、向こうからペンギン達10数羽が歩いてくる。これはかわいいぞ。すぐ近くをピョコピョコ、すたすたと歩いて通る。紐で繋いでいるわけでもなく、自由に歩いている。
近寄らないでと係員は言うが、近づいてくるのはペンギンの方や、と突っ込みをいれたくなるような感じだ。
【追記】「ペンギンの散歩」をデジカメのムービーで撮ってあった。ちょっと編集してみたので、ブログにアップしてあります。このリンク、2007/03/10の「Penguin Walk」へ

|

« ノルディックスキー世界選手権 | トップページ | ノルディックスキー世界選手権(LH個人戦) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186101/14037917

この記事へのトラックバック一覧です: 旭山動物園:

» 旅行に出よう [1番目]
旅に出たいと体がうずいている。 仕事で体が疲れているのと、温泉につかりたいと言う気持ちがあるからだ。 [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 08時56分

« ノルディックスキー世界選手権 | トップページ | ノルディックスキー世界選手権(LH個人戦) »