« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月29日 (金)

今日のipod(2006.12.28)

久々に今日のiPodをアップした。
最近忙しくてBlogの更新もできていなかった。とりあえず、今日のiPodを載せておこうと思う。
1 Every Breath You Take 小野リサ pretty world
2 青い瞳のステラ、1962年 夏 甲斐バンド SECRET GIG
3 Crocodile Rock Elton John Greatest Hits
4 IN MY POCKET PINK CLOUD GIVE YOUR BEST
5 Marie's Waltz-Up In The Air-Sweeny's Buttermilk Jody's Heaven Jody's Heaven
6 Tomaas Miles Davis Tutu
7 Let it Bleed The Rolling Stones Let It Bleed
8 Mistérios Joyce Canta Brasil
9 私の青空 高田渡 タカダワタル的
10 Heart Of Stone The Rolling Stones Hot Rocks, 1964-1971 (Disc 1)
11 Beethoven: Variations In C On "God Save The King," WoO 78 Bela Fleck, John Williams Perpetual Motion
12 Baby Hold On Dixie Chicks Taking the Long Way
13 君にしびれて THE ALFEE ALFEE
14 Last Train Home Pat Metheny The Road To You (Live)
15 Skin Deep Nick Lowe 16 All-Time Lowes
16 大樹の影 コブクロ NAMELESS WORLD
17 Another Chance 宇多田ヒカル First Love
1曲目「Every Breath You Take」小野リサ、はスティングの曲をカバーしている。このCDは、60~80年代ポップスの名曲中心の選曲。これらを彼女の本領であるシンプルなボサ・ノヴァにアレンジ。都会的な仕上がりである。

2曲目「青い瞳のステラ、1962年 夏」甲斐バンド「SECRET GIG」。これも古いライブラリーの中からの一曲。甲斐バンドが黒沢フィルムスタジオでのシークレットライブを収録したもの。この曲は、柳ジョージとレイニーウッドが発表した曲を、甲斐よしひろが歌っている。確かこのライブに参加してるキーボードがレイニーウッドの上綱克彦だった。
6曲目「Tomaas」 Miles Davis Tutu
マーカスミラーのプロデュースで帝王マイルスが発表したアルバム。ジャケットが格好いい。ミュートのトランペットが印象的。ラップなどの要素も取り入れた斬新なもの。

9曲目「私の青空」高田渡 「タカダワタル的」より。この曲は高田渡を知る以前から知っていたと思う。調べてみると、元の詞はGEORGE WHITING。堀内敬三という人が訳していて、それを高田渡が歌う。外国の翻訳詩を歌うのは、高田渡のスタイルである。脇を固めるミュージシャンとその演奏はモダンで洒落ている。歌も思わず口ずさんでしまうように軽く楽しい。

以下はamazonの広告。


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年12月22日 (金)

シナモンロール

妻が、シナモンロールを作った。
最近買った映画のDVD「かもめ食堂」を観ていたら、
主人公サチエ(小林聡美)がシナモンロールを焼くシーンが出てくる。
店のメニューにとりあげられ、フィンランドの人たちが美味しそうに食べる。
それを観ていて、無性に食べたくなった。
スターバックスで売っていたのを食べてみた。ふーんこういうものか....。
今まで食べたことがなかった。
妻が「パンの教科書」という本と、パンの材料を買ってきて、うちで焼いてみた。
焼きたてはもちろん、冷めても結構美味しく、スタバで売っていたものより、ずっと旨いと思った。
かもめ食堂で出てきたシナモンロールはロールをつぶしたような形だったな。
Cinnamon_roll_1

映画「かもめ食堂」は印象的で雰囲気のある。いい映画だった。

フィンランドはコーヒーの消費量も多いと聞いています。
フィンランドで飲んだコーヒーは、アメリカンコーヒーのように軽く煎ったような感じでした。

フィンランド人一人あたりのコーヒー消費量は世界でもトップクラス。年間9.2キロものコーヒーを飲んでいるという統計があります。(ヨーロッパの平均は5キロ以下)

いろんなblogで、映画とシナモンロールが取り上げられている。
みんな考えていることは似ているんだな...。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月17日 (日)

最近買ったCD

12月14日、職場の忘年会があった。木曜日で次の日も普通に出勤しなくてはならないので、私は1次会で失礼させてもらった。お酒は好きだし、お酒の席も好きなのだが、最近、アルコールの分解が遅くなっているのが如実にわかる。次の日まで確実に残ってしまう。まぁ飲む量も多いし、ちゃんぽんで飲んでしまうからなのだが...。それで、帰り道の「ブックオフ」で、CDを物色。2枚のCDを購入した。
一枚は、Dixie Chicksの「Home」。もともと輸入盤の特別版(DVDつき)は持っているのだが、これは日本版。歌詞カード、日本語訳も入っているし、なかなかきれい。これで1500円はお買い得。この種のCDは輸入盤で買うことが多いのだが、後になって日本版を買ってしまう。

もう一枚は、Shania Twainの「Up!」。買ってから知ったがこれは2枚組だった。1枚19曲入りを、そっくり別の編曲で収録してある。「Up!」は、Hondaのワゴン車、エアウェイブのCMソングだ。ジャンルはカントリーとなっているが、軽快でダンサブル、スピード感あるPopsだ。抜群の歌唱力というのか、こういう歌手がいるんだなと改めて知らされた。

以下は、amazonの広告。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

今日のipod(2006.12.09)

1 あの娘は魔法使い チューリップ SINCERELY YOURS~TULIPオリジナルベスト [Disc 2]
2 Foggy Mountain Breakdown 坂庭省悟 この想い
3 モーツァルト: 歌劇「魔笛」 何と美しい絵姿だろう Siegfried Jerusalem, Bernard Haitink; Bavarian Radio Symphony Orchestra ベスト・モーツァルト 100 [Disc 3] オペラティック・モーツァルト~「魔笛」
4 The Moon Over The Ruined Castle The Ukulele Orchestra Of Great Britain Hearts Of Oak
5 THEIR HEARTS WERE FULL OF SPRING 山下達郎 ON THE STREET CORNER 3
6 VELVEY SKY OWL OWL
7 夏の終わり Julie's Waltz 坂庭省悟&宮崎勝之 Battle One
8 クリスマスの約束 ゆずおだ クリスマスの約束
9 大好きな君に ゆずおだ クリスマスの約束

チューリップは中学生の頃によく聴いた。当時、アリス、オフコース、チューリップをよく聴いた。
この曲は最近になってベスト盤を買って知った。ビートルズっぽくて、なかなかいいね(今聴くと、ちょっと気恥ずかしい)
4曲目、何の曲でしょう。あの滝廉太郎の「荒城の月」をウクレレで演奏しています。
8、9曲目はフォークデュオゆずと小田和正のコラボレーションです。ゆずはどちらかというと熱唱タイプなので、この組み合わせはどうかな、と思いましたが、なかなかよいです。小田和正によって曲がしまるような感じがします。9曲目「大好きな君に」は小田和正のアルバム「そうかな」にも収録されていますが、こちらの方がいいですね。

7曲目は「夏の終わり Julie's Waltz 」坂庭省悟&宮崎勝之の「Battle One」から、
これも今となっては廃盤。マンドリンの競演と坂庭さんのハスキーなボーカルが聴ける。
群馬の「風土記」というところでのライブは楽しかった(ちょっとした事件もあったけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンドル

Candle
キャンドルを灯す。
左のキャンドルは、昨年の冬、青山にあったカメヤマローソクのアンテナショップで購入。中のキャンドルの明かりが回りの絵をゆらゆらと映す。
右のキャンドルはだいぶ前に買ったものだが、Made in Israel、イスラエル製である。これまでの人生で遭遇したイスラエル製のものは、唯一これだけかもしれない。
フィンランドに行ったときに聞いた話では、フィンランドは一人あたりのキャンドルの消費量が世界一なのだそうだ。デパートの雑貨コーナーではキャンドルやキャンドルホルダがたくさん売られていた。長くて暗い冬にキャンドルを灯して暖かい気持ちになる、というのはフィンランドの人々の習慣なのだろう。いいなぁと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

NHK時計

blog toolで有名な、「NHK時計」をつけてみました。
昔、時報をこの時計でお知らせしていたのを思い出します。懐かしいですね。
木目調というのもあるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼酎の牛乳割り&韓国焼酎

以前、焼酎の牛乳割りの話を書いたが、親しい人に話してみると、
「うげっ、気色悪っ..!」という反応しか返ってこない。
そうかなぁ。私も最初はそう思っていたが、結構いけるんだがなぁ...。
とのことで、我が家では牛乳の消費量が最近ぐっと増えている。
背が伸びるわけはないが...。骨粗鬆症にならない程度だろう。
 それはさておき、最近、韓国の方と一緒に仕事をする機会が多い。韓国で飲んだ焼酎はうまかった。キリッとした日本酒のような感じだが、ちょっと甘い。非常にすっきりしていて飲みやすかった。
こちらに出張してくる韓国の方は、食事には困るらしい。辛さが物足りないのだという。そこで、日本で開業している韓国料理屋さんに連れて行くのだが、我々にとってはちょっと辛い。しかしだいぶ慣れてきた。日本人は基本的に何でも食えるのだと思った。
この焼酎は最近は日本でも買えるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年12月 3日 (日)

What's hannu?

さて、ブログのタイトルでもある「What's hannu?」ですが、
愛猫ハンヌくんの名前は、フィンランドのノルディックコンバインドの選手である「ハンヌ・マンニネン(Hannu Manninen)」選手からとっているんです。ワールドカップ優勝回数43勝(2006年10月現在)という最高記録を更新中。ノルディックコンバインドの選手にしては体格が大きいにもかかわらず、ジャンプもなかなか得意。しかし何といっても、クロスカントリースキーがめっぽう強い。2002年の冬季ソルトレイク・オリンピックでは、純クロスカントリーのスプリント競技にエントリーし、何と8位になっている。そんな彼だから、ジャンプのちょっとした遅れも容易く挽回し、「何人抜き」といった感じで優勝してしまうのである。ちなみに彼には、ピリヨ・マンニネン(Pirjo MANNINEN )という妹がいて、彼女もフィンランドのクロスカントリー女子ナショナルチームの一員です。(当地では、かなりの人気で、サイン会に遭遇したことがあります。)
ロシアンブルーは、別名「冬の妖精」といわれている。北欧風の名前がいいなと思って、彼から名前をもらったが、ハンヌ・マンニネンに似てちょっと大きくなってしまった。
Pict0009写真はハンちゃんの寝顔。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のiPod(2006.12.03)

久しぶりにiPodを聴きながら会社まで歩いた。
1 Stardust Louis Smith Blue Note Nonstop 60 Trax
2 The Nightfly Donald Fagen The Nightfly
3 Day Tripper Otis Redding Live In Europe
4 天国の岸辺 高石ともやとザ・ナターシャセブン 再会。
5 Lay Down Sally Eric Clapton Crossroads [Disc 4]
6 Bitches Brew Miles Davis Bitches Brew [Disc 1]
7 そのまま 荒井由実 ひこうき雲
8 KISSからはじまるミステリー 山下達郎 Feat. RYO SONORITE
9 ごきげんおじさん SAM YAM YUM Vol.3
10 スウェーデン 小澤征爾 WORLD ANTHEMS
11 Maids Of Selma/Cathal McConnell's Junji Shirota & Dana Lyn Up She Flew
12 Boom Boom The Yardbirds Crossroads [Disc 1]
13 JUVENILE のテーマ ~瞳の中のRAINBOW~ 山下達郎 RARITIES
14 守ってあげたい 松任谷由実 Neue Musik [Disc 1]
15 Have You Ever Loved A Woman [Live] John Mayall & The Bluesbreakers Crossroads [Disc 1]
16 Dinah IVAN A STILES RonudingPickeringBend
17 YOUR EYES 山下達郎 FOR YOU [Bonus Tracks]
18 船のりの唄 ザ・ナターシャー・セブン きれいな娘さん
19 Let's Spend The Night Together The Rolling Stones Still Life
20 Cleanup Time John Lennon & Yoko Ono Double Fantasy
21 Bach (JS): Two Part Invention #13 In A Minor, BWV 784 Bela Fleck, Evelyn Glennie Perpetual Motion
22 イムジン河 (Instrumental) Changsu イムジン河
23 ウィークリー・ニュース 佐野元春 The Circle 
24 El Carretero Buena Vista Social Club Buena Vista Social Club
25 Everyday I Write The Book Elvis Costello The Best Of Elvis Costello And The Attractions
26 雨と泪 ゆず ゆず一家
27 祇園の恋 (GION) 山弦 JOY RIDE
28 GIRLFRIENDS FOREVER 矢野顕子 GO GIRL
29 Maud Miller / Sean Ca Ceo Junji Shirota & Dana Lyn Up She Flew
30 I Like It Dixie Chicks Taking the Long Way

13曲目「JUVENILE のテーマ ~瞳の中のRAINBOW~」山下達郎は、「RARITIES」から。

このCDは、シングルのみでリリースされたナンバー、カップリング曲、未発表セルフカヴァーなど、アルバム化されていないレア音源を、山下達郎自身がセレクトした裏ベスト的アルバム。
この曲も映画の主題歌だった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 2日 (土)

サボテン

サボテンが結構好き。
数種類を育てているが、今日は電磁波を吸収するという
「セレウス・ペルーピアナス」というサボテンを買ってきた。
実は以前も買ったのだが、ある日フニャっと折れて、枯れてしまった。
Sabotenこれは2代目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベロ出てるよ

Hannu01


Hannu02
ハンヌちゃん、ベロ出てるよ。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

ハンヌちゃんお気に入り3

ハンヌ君のお気に入り。
「日向夏のカゴ」
Hyuganatsu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近撮った写真(銀座)

最近撮った写真
11/12 日本橋高島屋へ「草月展」を見に行く。
その後、銀座まで足をのばした。
日本橋から銀座に向かう途中に「警察博物館」を見つけた。入場無料ということで、ちょっと入ってみた。警察の歴史から、殉職警察官の顕彰コーナー、音楽隊、鑑識の機材などの展示を見学。
それから、銀座へ。
Ginza111201

写真は夕方の銀座(PENTAX K100D /Cosina AF19-35mm)。




Ginza111202


その後、銀座7丁目のビアホール「ライオン」へ。ビアホールといえば「ライオン」であり、銀座7丁目店に限る。旨い生ビールとちょっとレトロな感じの料理も美味しい。


Ginza111204


写真は、高いビアホールの高い天井。


Ginza111205

| | コメント (0) | トラックバック (1)

母の誕生日

母の誕生日を祝う。
所沢のフレンチレストランで、父母と私たち夫婦の4人で食事をした。
赤ワインとスパークリングワインを飲んで、コース料理をいただく。
料理も美味しく、店の雰囲気もよかった。楽しく、満足してもらえたようだ。
楽しく健康にすごして欲しいと思う。

デジカメを忘れてしまった。
これは、PHS(Willcom AH-K3001V)のカメラで撮った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »